タグ:FEZ:考察 ( 18 ) タグの人気記事   

FEZ ガイド5 「マップの情報を読み取る」   

2008年 01月 14日

FEZの戦争においては自分が見える範囲の情報より"マップで見る情報量のが圧倒的に重要です"
なので、戦争中にマップをしっかりみれるように癖づける必要があります。特にこれは戦闘が拮抗してればしてるほど重要な要素となります。

今回はマップで表示されるものの説明や、マップから読み取れる情報やそれからの行動等についてなどを画像付きで説明してみたいとおもいます。

長い+画像があるので折りたたみ
[PR]

by diehappy | 2008-01-14 18:25 | Fantasy Earth Zero

FEZ ガイド4 「初心者が戦争で貢献する術」   

2008年 01月 12日

前回は戦争の流れ等を説明しましたが、あれだけでは初心者のうちは"なにをすれば良いか"がまだわからないと思います。一般的なMMOの戦争なら、ヒーラーならとにかく回復してればよかったり、アタッカーならとにかく攻撃してれば良い。といった感じですが、FEZの場合はヒーラーという明らかな"補助職"は存在しないし、攻撃してれば良いでは味方を逆に窮地に追い込むこともあるので、すべてにおいて考えて行動する必要があります。

なので、初心者のうちはなにもわからずいきなり高レベルに怒られたりという経験がある人は恐らく少なくはないでしょう。(対人ゲームの性なのか少なからず口が悪いのがいてます。)
しかし、低レベルが高レベルより貢献することができるのがFEZの戦争で、問題になるのはやはり初心者というゲームに対しての理解度の低さが問題となってきます。(だからこそ面白い時期ですがw)

そういったことを解消+低レベルでも高レベル以上に活躍できる術をこれから説明していきたいと思います。

例のごとく長いので折りたたみ
[PR]

by diehappy | 2008-01-12 20:37 | Fantasy Earth Zero

FEZ ガイド3 「戦争の流れ」   

2008年 01月 11日

どのゲームでもそうですが、Pv戦のルールや流れというのは最初のうちはわかりにくいものだと思います。FEZも例外ではなく最初は"なにをすればよいのか"というとこで悩むと思いますので、ここでは戦争の一連の流れや説明、戦争中のタブー行為(規約的な禁止行為ではないので注意。)など書いていきたいと思います。

長いので折りたたみ
[PR]

by diehappy | 2008-01-11 18:15 | Fantasy Earth Zero

FEZ ガイド2 「職別スキル構成&特徴解説」   

2008年 01月 06日

チチさんがFEZ始めてくれたので、こちらのシリーズでプレイの手助けになればよいかと思います(`・ω・´)b

『※本題に入る前にまったく関係ないお話になりますが、最近本当に当サイトへの悪質なURLが貼られることが多いので明らかに本文と関係がないようなコメントでのURLは踏まないように皆さん注意してください。

これが1個目。2個目は右のメニューバーのFEZの項目ですが、両手ヲリスキル考察は当時と今では仕様も違うことから一時削除しました。スキルに関しては今回の記事を最新のものにします
また、アイテム課金考察も古くて現在とはだいぶ変わるのですが、参考程度にはなると一応おいてます。
パッド考察は今でも問題なく使えますが、私自身はすでにマウス+キーボードに乗り換えてるほど全般的に考えてマウスに慣れたほうが明らかにプレイが向上するのでできればパットだけ!という選択は使わないほうが良いという考えに自分はなってます。
パット+マウスはありだと思います。ようはマウスを使うことが重要です。』


では前置きや注意点が長くなりましたが、本文に入りたいと思いますm( __ __ )m

長くなるので折りたたみ
[PR]

by diehappy | 2008-01-06 09:01 | Fantasy Earth Zero

FEZ ガイド1 「FEZを始めよう」   

2007年 12月 18日

タイトルはそのまんまです・・・w
というわけでこのシリーズをちょいちょい書き足して、FEZにちょっとでも興味を持ってもらい、なおかつFEZのゲームにすんなり溶け込めるように努めたいと思います(`・ω・´)b

では早速本題。
[1]FEZとはどんなゲーム?
http://www.fezero.jp/
いろいろな経緯があり、運営が■eからガメポに変わりました。その辺はとりあえず省略。
ゲーム内容は50vs50の対人戦争です。良くも悪くもコレだけですw
一応MMOというジャンルになりますが、システムの作りなどはどちらかというとMOです。戦争時間も最長で45分で終戦。平均では1回あたりだいたい25~30分ぐらいの時間で戦争が楽しめるので気軽に1日数時間で十分楽しめることができるのが魅力です。

ただ逆にいってしまえばどっぷりとMMOをやりたいという人には戦争しかやることがなかったり、プレイ時間による他人との差というのが薄いゲームな為少し物足りないかもしれません。

[2]必要スペックは低い?高い?
はっきりいって現状のFEZは結構高めのスペックを要求されます。
http://www.fezero.jp/start_spec1.aspx
このゲームはCPU依存と言われるぐらいCPUの性能が重要になります。必須や推奨スペック程度のCPUではぶっちゃけかなり厳しいです。場所によっては戦争にならないと思います。今人気のC2Dやら積んでる方は余裕で動きますので安心してください(*´Д`)

グラボのほうはぶっちゃけ必須レベルのグラボで十分。グラボ自体にはそこまで性能必要ありません。5900XTですら余裕ですので・・・推奨のグラボだとオーバースペックになってるぐらいだと思います・・・(*´Д`)

メモリに関しては最低1GBはいります。これが最低問題ないレベルです。
今メモリは糞安いので、できれば2GBあると快適に楽しめると思います

[3]戦争ってどんな感じ?クリックゲー?
http://www.stage6.com/user/agiton/video/1915084/FEZ_071204-Hor-vs-Iel-in-Dagger
動画を見てもらったほうが雰囲気は一発でつかめるかと思いますので、この動画を上げておきます。
(※他人のを勝手に使ってます。コメントをつける際には注意してください。)
韓国産MMOにあるような戦争とはまるで違います。クリック系のゲームではありません。FPSよりな作りで自分でしっかり照準を合わせなければ攻撃を当てることはできません。
プレイ方法もFPSっぽく作られているので、一般的なMMOをやってる人からすると最初はプレイ方法に戸惑うことかと思われます。

戦争内容等については細かくなってしまうので、次回以降に詳しくちょこちょこ書いていきたいと思います。

[4]アイテム課金
月額制のゲームをやってる人が一番戸惑うのはここかと思いますし、他のアイテム課金ゲーやってる方も心配になるのは"お金をかければかけるほど有利になるのか?"という点だと思います。
もちろん、アイテム課金な以上支払いしてる方にはなにかしらのメリットが発生します。これはアイテム課金という運営上仕方のないことです。

が、支払いをすればするほど有利か?といわれるとNOと言えます。
FEZの課金方法はアイテム課金制ですが、実はこのゲーム、無料でも支払いしてる人と最終的に同能力になるのです。キャラの性能差という点においては全員が等しい状態になります。
また無料で一部の課金アイテムも買うことができる為、手間と時間さえあればお金を払わずともまったく問題ありません。

じゃーなんで支払いするのか?といわれるとやはり上記の手間と時間の浪費を現金で解消してるといった感じなのと、課金装備は一つ一つがオリジナルグラフィックなのでアバター感覚で買ったりする人も非常に多いです。むしろガメポは性能差をつけるようなアイテムは追加せずに、こういう着せ替えを楽しめる装備の追加を主にしてる為、"課金をするほど有利"というスタイルじゃないことがプレイヤーに評価されてるところでもあります。

課金に関しては詳しく話したいこともあるので次回以降に細かく追加していきます。

[5]職
現状はウォリアー、スカウト、ソーサラーの3職です。ただしスキルの取り方によってタイプが変わる為大まかに分けるなら2+2+3の計7職のタイプがあると思ってokです。近い将来には新たな新職が3つ追加されます。

職は3すくみの関係があって、ヲリ→スカ→サラ→ヲリ→・・・といった感じで強弱の関係があります。これはあくまでダメージに関して補正があるだけで、絶対的な優位にたつわけではありません。その辺が己のプレイスキルでどうにかなるのがこのゲームの面白いとこでもあります。

職に関しても書く内容が多いので次回以降に追加していきます。

[6]キャラクター作成
容姿に関しては好みです。体系は女性の場合少女から長身までありますが、小さいからといって当たり判定が小さくなるとかはありえませんw ロリ好みを隠す理由にしないように!一発でバレますから…w

サーバーも自由に選んでも良いですが、特徴を挙げるとするならば
A鯖:■e時代からやってる古参鯖 アクティブ人口はE鯖と並んでトップ。
B鯖:ガメポ運営β時代からのサーバー FEZの開始からある鯖ですが、人口は並
C鯖:B鯖と人口は同程度。最近若干増えてきたというお話。
D鯖:BC鯖と同程度の人口。先日のバンクェット公式大会の優勝鯖です。
E鯖:A鯖と並んで人口はトップクラス。A鯖と違い新規が多い模様。
F鯖:最新の鯖。現在は物凄い過疎中。E鯖の例もあるので、これから増えるかも?
Z鯖:ハンゲーム鯖。ガメポ運営とは少し形態が違う為特殊な鯖で、別名隔離鯖と言われてます。

次に国を選ぶことになりますが、これも首都の様子が違うだけで施設に変わりはなく国によっての+αも存在しないので趣味で選んでokです。

また気が付いたことがあれば追加しようと思います。
詳しいゲーム内容に関しては次回以降書き記していきたいと思います

参考:http://fewiki.com/
07.12.18
[PR]

by diehappy | 2007-12-18 16:25 | Fantasy Earth Zero

FEZ コスト制感想1   

2007年 01月 30日

昨日はメンテ地獄だったようで、インもままならない感じでしたが、夜中になんとかインして数戦お試ししてみました。(最近寝つきが悪い気がする…なんでだろう(*´д`*)

とりあえず、試行回数が少ない…というより今回はライトリジェネを中心に使用してたので、ライトリジェネの使い勝手を中心に感想を述べます。また使ってたキャラは33のヲリの為、視点としてもヲリからの視点になることを頭にいれておいてください。

まず、ライトリジェネ×43持ち込んだ戦争ですが、これは単純に常時ライトリジェネ使えます!
平均回復時間がだいたい40秒なので、これを計算にいくと平均28分はリジェネ状態を維持することができます。当然回復いらない時間の"移動時間"等を含めると実質終戦まで余裕でリジェネが持つ計算です。

実際、戦争中はほぼライトリジェネ常時使用する結果になったのですが…
残念ながら使い勝手は"非常に悪い"

というのもやはり回復量の少なさが大きい…特にキツイと感じたのは敵ATが立ってるあたりの戦闘です。回復量がATからのダメージに相殺されてしまうため、回復するにはかなり後方にさがらないといけないことになる上に、戦闘中に大ダメージをおって、瀕死で後ろに下がったとしても、また前にでるまでの回復にあてる時間がかなり長い。リジェネを常時つかえるといってもその回復量が少ない為、戦線にいられる時間もやはり短くなってしまう感じが否めませんね…
あと、なにげに厄介なのがライトリジェネのみの硬直の長さ。これが結構厄介な場面もありました。

いい面としては終戦まで回復が持つので、常に前線付近にいられるのは間違いありません。


さて、これはライトリジェネのみを搭載した感想ですが、この不満点のほとんどを解消するのは"パン"でした。
瞬間回復薬というのはやはりなければないで不便なものです。リジェネだと戦線に戻れるまでに時間がかかるけど瞬間回復なら瞬時に戻ることが可能であるため、ライトリジェネの不満点であった回復の遅さ等の問題はパン使用でかなり軽減されます。
パンを使うとコスト的にどうなるのか?という問題が気になるとこでしょうけど、実際な話ライトリジェネ×43ではコスト130を使い切るのはまず無理でした。コストに絶対余力がでてきます。
なので、パンを考えなしに食べない限りはコスト的には余裕でもちます。ベーコンだとちょっと厳しいかもしれませんね。

ライト+パンでも実際コストは終戦までに少し余ってしまいました。
このことからライトリジェネメインの場合は、前半はライト+パンで様子見して、終盤間際に余力があれば、リジェネ+ベーコン等の回復力が大きいものやパワーポット等に頼った追い込みをかける。という戦法が個人的にはいいんじゃないかなぁ?と思ったりしてます。
自分自身はライトメインでやってると結局こういうやり方に行き着いてしまいました。


なにげにライトメインではコストに余力があるため"回復面"ではあまり困らないかもしれません。

次はリジェネメインにやってみたいと思います(`・ω・´)b
それにしても課金鈍器欲しいなぁ…ヴリトラ取りたいという目標もあるからなぁ~うーんw
[PR]

by diehappy | 2007-01-30 18:40 | Fantasy Earth Zero

FEZ パット設定の追記   

2007年 01月 24日

前回の記事から自分のほうでも再度いろいろパット設定弄ってみまして、気がついた項目を追記したいと思います。
(この記事は昨日のパットの記事に追記として記述しておきますので、右メニューからいつでも見れるようにしておきます。)

カメラ操作についての追記になるのですが、FEZの場合アナログでも一般の家庭用ゲームのようなアナログの操作感にならず、ボタンを押したようなものになると記述しましたが、
よりアナログに近くなる方法があったので記述しておきます。

とはいっても非常に簡単なことで、INPUT.iniの

NORMAL_CAMERA_UP =NONE
NORMAL_CAMERA_DOWN =NONE
NORMAL_CAMERA_LEFT =NONE
NORMAL_CAMERA_RIGHT =NONE


のNONEの部分を
MANIPU_CAMERA_UP
MANIPU_CAMERA_DOWN
MANIPU_CAMERA_LEFT
MANIPU_CAMERA_RIGHT


の部分のボタン設定と同じように記述してください。MANIPUの設定はNONEにしてはいけません。
カメラ速度に関しては今までと同様の場所で設定します。速度に関しては個人の好みですが、自分がやってみたところではACCELを0でSCALEを2ぐらいがやりやすかったように感じましたが、試行回数が少ない為この辺は個人の判断で変えてみてください。

さて、この設定にすると、アナログを少し傾けたら傾けた角度に比例して速度が変わるのですが…残念ながら自分で試したところでは

2段階の速度変化しか感じられませんでした。

結局のところ一般的なPS2の家庭用ソフトのようにアナログにダイレクトに反応してくれるような動作にはなりえませんでしたが、よりアナログ操作に近くなったのは確かです。

ただ、やりやすいかどうかでいえばまた別問題となってしまいました。


というのも、この2段階の速度変化は遅い速度からいきなりSCALEで設定した最高速まで変化します。この差があまりにも急激なのでやりにくいのです…
(ちなみにACCELを設定してる場合さらに速度変化が急激だった為尚更やりにくくなりました…)

ACCELで設定した速度変化は滑らかに加速する為、速度変化にも対応しやすいのですが、この設定ではそれが対応しにくいのが問題となった感がありました。

途中でもいいましたが、自分自身としては試行回数が少なかった為、やりやすい設定を見つけられなかっただけかもしれません。2段階とはいえアナログっぽい動きなのは間違いなくこの設定ですので、今のカメラ操作に納得がいかない方はこの設定を試してみてはいかがでしょうか?
またやりやすい設定など見つけましたら報告してもらえると幸いですm(__)m
[PR]

by diehappy | 2007-01-24 18:05 | Fantasy Earth Zero

FEZ パットでプレイしてる方へ。   

2007年 01月 23日

今回はパットでプレイしてる人向けに記事を書きたいと思います。
(右のメニューに追加しておきます)

この間クエさんに「スキル選択を逆順にする方法はないのか…」と言われまして、さらに乙さんのblogのほうでも同様の悩みを持っていたようで、他にもFEZやってる方でパットプレイな人は知り合いでも数名いてると思うので、いい機会だからパット設定について自分が知るうる限りの小技等を記してみたいと思います。
(ここではPS2のコントローラーを使ってるという前提で説明します)

最初に記しておきますが、この設定方法は厳密にいえば"クライアント改ざん"にあたる行為にもなります。よく言われてる"音楽の差し替え"と同様の行為ですので公式的にみるとかなりグレーゾーンです。ただし、設定ファイルをみる限りでは、知識が多少ある人なら「自由に好きなように弄ってください!」といわんばかりの設定項目の数ですので、ゲームポット側としても、黙認というレベルではないかと個人的には思っております。が、しかし規約にはひっかけようと思えばひっかかる行為ですので、この件で生じた問題等は自分のほうでは一切責任を負いません。あくまで自己の判断、責任で宜しくお願い致します。

さて、前置きが長くなりましたが本題に入りたいと思います。
パットでプレイしてる人の悩みでよくぶち当たるのが

1.マウスに比べてカメラの速度が遅い。
2.スキル選択にリバースがついていない。
3.キーボード上のボタンにはあるショートカット機能がパットでは使えない。

等々。特に1,2に関しては誰もが思うことである上にパットやる上で一番の悩みです。このせいでパットよりマウス+キーボードのが優れている。とおもわれていますが、実際この3つに関してはすべて解消することができる悩みになってます。

ではまずどこで弄ればいいのか?
だいたいの人は普通にCドライブにクライアントをインストールしてるとおもうので、Cであればたいがい
C:/Program Files/Gamepot/FantasyEarth/SettingsのフォルダにINPUT.iniというファイルがあるとおもいます。
自分みたいにDにインストールしてる方はこれにあてはまらないので注意してください。(他のドライブにいれてる人はその辺余裕でわかってるとおもいますがw)
このINPUT.iniのファイルがパット設定のファイルとなっています。

※注意点としては、このファイルは一度デフォルトのパット設定を弄らないと作られないので、ファイルがないという人は一度デフォルトのパット設定をしてみてください。


このファイルを適当にメモ帳あたりで開いてください。
まず"カメラの速度"から説明したいと思います。

カメラの速度設定:
弄る項目は

MANIPU_CAMERA_UP = SCALE=0.14, ACCEL=1.7
MANIPU_CAMERA_DOWN = SCALE=0.14, ACCEL=1.7
MANIPU_CAMERA_LEFT = SCALE=0.14, ACCEL=1.7
MANIPU_CAMERA_RIGHT = SCALE=0.14, ACCEL=1.7


この文字列のところを弄ります。
SCALEがカメラ自体の速度にあたり,ACCELがそのカメラの加速度にあたります。

つまり、静止状態から動かした瞬間の速度はSCALEにあたり、動かしつづけると速度はACCELによりどんどん速度を増していきます。ACCELの数字は大きければ大きいほど短い時間で動きが速くなります。

一般的には速度が遅いと思えばSCALEを弄ります。初期の0.14はマウスに比べてもわかるとおり、激しく遅いカメラ速度となっています。ただこれには理由があるので後ほど書きます。
いきなり1あげるとビビるぐらい速度があがってしまうので、弄るときは0.01単位で弄ってみてください。最初は0.6になるだけでもかなり早いと感じてしまうとおもいます。
ACCELに関しては効果のほどや弄り方が微妙にわかりにくいとおもいますので、よくわからなければ0にしても特に問題はありませんが、後ほど書く小技にはこのACCELが重要な意味を持ちます。

さて、SCALEの数値を上げて速度を弄ってパットプレイしてると、「確かに早くなったんだけど…」と少し不満を感じる場合がありませんか?
たぶんたいがいの人が思うとおもいますが、SCALEの速度を上げると

微妙なカメラ操作が非常にやりにくい…

特に遠方に見える敵ほど微細なカメラワークが必要となるのですが、恐らくほとんどの方が右アナログでのカメラ操作をしてるとおもいます。エイムモードの十字の中心をほんの1mm横にずらしたいとちょっと横にアナログを倒すのですが、いきなり1cm動いてしまう。そういう経験が必ずでてくると思います。と同時にこれがコントローラーの欠点とおもわれがちな部分にもなってきます。

これの理由としてはまずFEZのクライアント自体がアナログの微細な動きに対応していないというのが1点であり、またSCALEの数字が大きいというのも問題になってきます。
まず前者の問題としては、一般的な家庭用PS2ゲームソフトやFF11のクライアントのように「コントローラーを前提」として作られたゲームではなく、あくまで「コントローラー対応」となっているだけですので、FEZの場合はアナログを少し傾けたらそれに比例して速度が落ちる。というそういうのには対応されていません。十字キーのボタンみたいに「横のボタンを押した」同様にアナログを横に倒した。という単純な認識しかしないため、アナログといえど上下左右のボタンが増えた程度に考えたほうがよいです。

後者であるSCALEは上でも書きましたとおり「動いた瞬間からの速度」ですので、ボタンをチョンと押したとしても、いきなりこのSCALEの速度に達してしまうため、この数字を大きくしすぎるとチョンと押してもいきなり数cmも横にずれてしまうという現象が生まれます。
初期設定である0.14という遅い速度は「そういうことがないように」という公式の初心者に対しての配慮でもあったわけです。

ただ、慣れてくるとこの0.14という遅さはやはり厄介なものです。とはいってもSCALEの単位を上げてしまうと微細な動きがやりにくくなる…だから間をとって0.5とか中途な速度にするか…と妥協するのはまだ早い。

ここで重要になるのがACCELです。
初期の1.7でははっきりいって遅すぎてACCELの意味がよくわからないとおもいます。(これもSCALE同様公式の初心者に対する配慮だとおもいます。)
これは動かしてる時間に比例してどんどん速度があがるというもので、カメラ操作で同方向にそんな長時間動かしっぱなしということはほとんどないため、SCALEと違い一気に1単位づつあげるぐらいしないと効果を体感できません。

ではこれをどのように活用するのか?というとSCALEで速度を上げると前述の通り、微細な動きがやりづらくなるので、SCALEの数値をあえて0.1~0.4などの遅い速度にします。ただ、これだと大きなカメラ操作に対しては速度が遅くなりますので、ここでACCELの数値を大きく設定します。思い切って5~6ぐらいにしてみるといいでしょう。

するとどうでしょうか?動きだしは速度が遅い為、数mm程度動かす微細なカメラ操作はSCALEの数値の低さが生き、また大きな動きにはACCEL値が大きい為、一気に速度があがりなんの不満もなく一瞬で思い通りの速度まで上がるとおもいます。

パットプレイ=エイムモードというシステムを考えた上で
微細な動きをするというのは画面中央の十字に近い距離にしかないので、これをSCALEの数値を低くすることで対応し(ほんの数mmの場合速度は必要としない。)、大きなカメラ操作をするときの速度はそのSCALEの数値の低さをカバーするためにACCELの数値を大きくするのです。

さらに小技として上下方向、Y軸に関しては↑の小技と少し状況がかわります。
左右の動き,X軸に対しての動きは物凄く多い上に動作時間、距離が非常に長く、そのため速度も重要となってきます。その為↑のような設定にするのですが、それとは逆にY軸の動きというのはそこまで距離も必要としない為速度にそこまで大きくこだわる必要がありません。
その為Y軸に関しては速度を上げることより微細な動きを必要とする数値がもっとも適切となります。
なので、SCALEの数値を遅くもなく、また早すぎずな数値で自分の動かしやすい速度に設定したのちに思い切ってACCELの数値は0にします。
ACCELをいれてしまうと速度が加速してしまうので、固定速度よりやはり微細な操作がしにくくなります。特にY軸は先ほどもいいましたが、操作距離が短い為、細かな動きを重視した設定のほうがやりやすくなります。そのためACCELをいれると速度が安定しないためY軸動作の微細な動きに対応しにくくなります。

さて、ここで申しわけないのですが、例を出すと乙さんの設定の例。

MANIPU_CAMERA_UP = SCALE=1.25, ACCEL=1.3
MANIPU_CAMERA_DOWN = SCALE=1.25, ACCEL=1.3
MANIPU_CAMERA_LEFT = SCALE=1.25, ACCEL=1.3
MANIPU_CAMERA_RIGHT = SCALE=1.25, ACCEL=1.3

SCALEの数値が大きく、ACCELの数値が低いです。
これはどういう動作になるかというと、SCALEの数値が高いため、初期から結構高速な動きをしますが、そのせいで返って微細な動きがしにくくなります。ただ、速度が早い為、中距離の対応は早いのですが、ACCELの数値が低いため結局大きな動きの速度はそこまで早いわけではない。
尚且つY軸の操作も同様の設定にしてしまってるので同じ感覚で動かすことはできてもX軸以上に微細な動きが重要になるY軸の動きがよりやりにくいものとなってるとおもいます。

(ただこれはこの設定を批判するものではないことを言っておきます。自分も一時期はこの設定でしたし、本人がやりやすい設定にするのが本来の目的のため、これがやりやすい場合は自分の説明の限りではありません。乙さん例に使用させてもらってすいません。)

で、今までに説明したことを設定した例が↓

MANIPU_CAMERA_UP = SCALE=0.55, ACCEL=0
MANIPU_CAMERA_DOWN = SCALE=0.55, ACCEL=0
MANIPU_CAMERA_LEFT = SCALE=0.40, ACCEL=6.5
MANIPU_CAMERA_RIGHT = SCALE=0.40, ACCEL=6.5

これは自分が今現在使ってる設定です。SCALEの単位を小さくし、速度に関してはACCELに頼っています。SCALEに関してはまだ数値を小さくし、ACCELの数値をもう少しあげようかと最近はおもってます。とにかくSCALE=近い距離の微細な操作を重視 ACCEL=180°回転させて自分が思ってる速度で180°回転した速度で設定しています。
Y軸に関しても説明したとおりACCELは0にしています。前まではY軸にもACCEL設定しててめちゃくちゃやりにくかったのですが、0にしてSCALEの数値も低くしたら驚くほどやりやすくなりました。

一度是非騙されたと思ってこの設定でプレイしてみてください(`・ω・´)b

この設定に至るまでに2ヶ月ほど試行錯誤して、個人的にはPS2のコントローラーでやってるなら一番やりやすいんじゃないかと自負もしてます。一番アナログコントローラーっぽく動く設定だと思ってもおります。
ただ、この今までの文章すべてにおいて、あくまで"やりやすさ"を追求した説明であり、人によってはこの設定がやりにくいという方も恐らくおられることと思います。最終的には個人の好みの問題、味付けになりますので、今までの説明は参考程度に留めてもらえれば幸いであり、また嬉しく思います。

1,の説明が物凄く長文になりましたが、続いて2の説明にもいきます。

パットのデフォルト設定ではスキル選択が上から下への一方通行しかなく、プレイ中にヤキモキした方も多いと思いますが、この設定は非常に簡単で

SELECT_SKILL_BACK =

の文字列に設定したいボタンを入れるだけです。これで下から上に上がる選択も可能となります。
また、これ以外にもよくみると細かくボタン設定ができると思います。これを利用すれば3の問題も解消されますし、デフォルトでは設定できないアイテム拾うボタンなども変更することも可能なのです。

小技としては、ゲーム内マクロを活用して、マクロに武器変更マクロを仕込み、パットのほうでそのマクロのボタンを設定します。例えばそのマクロの武器変更で弓から短剣に変更したとします。そうすると弓のスキルというのは使えなくなるためわざわざスキル選択を変えなくてはいけないのでその動作が勝機を逃すことすらFEZでは珍しくありません。なので武器変更と同時にスキルも短剣の場所まで移動すれば…というのも実は全然可能です

単純な話設定としてはまずマクロを仕込んだと場所とスキル選択の2つをひとつのボタンに設定すればいいだけの話なのです。
つまり、

SHORTCUT_1 =NONE
SHORTCUT_2 =NONE
SHORTCUT_3 =NONE
SHORTCUT_4 =NONE
SHORTCUT_5 =NONE

SELECT_SKILL1 =NONE
SELECT_SKILL2 =NONE
SELECT_SKILL3 =NONE
SELECT_SKILL4 =NONE
SELECT_SKILL5 =NONE
SELECT_SKILL6 =NONE
SELECT_SKILL7 =NONE
SELECT_SKILL8 =NONE


のとこでボタン設定を同じにするだけです。
例えば、武器変更マクロを1に仕込み、短剣スキルはスキルの上から2番目にあるとします。
そうするとSHORTCUT_1とSELECT_SKILL2のボタンを同じにすればいいのです。

このようにひとつのボタンで2つの動作をさせることも設定次第では可能なのですが、
スキル選択と同時に発動というような組み合わせはできないようになってます。ものによっては組み合わせが不可能な組み合わせも存在するため、利用する場合は必ず設定した後にテストすることをおすすめします。


さて、非常に長くなりましたが、これを活用すればパットプレイでもキーボードプレイに勝るとも劣らないぐらいやりやすくなると思います。
ただ、ボタンの多さなどからどうしてもキーボードプレイのほうが有利な一面も持ち合わせてます。
しかし、FEZの場合それが有利なのか?といわれれば決してそうではない。結局の所"動かしやすい"方法をしてる人が有利でありそしてウマイと思います。

変則的なやり方としてはキーボード+パットという方も存在してますので、今までの説明をあくまで一例や参考程度に留め、自分のやりやすいプレイスタイルを考えてみてください。



07.01.24 追記。
カメラ操作についての追記になるのですが、FEZの場合アナログでも一般の家庭用ゲームのようなアナログの操作感にならず、ボタンを押したようなものになると記述しましたが、
よりアナログに近くなる方法があったので記述しておきます。

とはいっても非常に簡単なことで、INPUT.iniの

NORMAL_CAMERA_UP =NONE
NORMAL_CAMERA_DOWN =NONE
NORMAL_CAMERA_LEFT =NONE
NORMAL_CAMERA_RIGHT =NONE


のNONEの部分を
MANIPU_CAMERA_UP
MANIPU_CAMERA_DOWN
MANIPU_CAMERA_LEFT
MANIPU_CAMERA_RIGHT


の部分のボタン設定と同じように記述してください。MANIPUの設定はNONEにしてはいけません。
カメラ速度に関しては今までと同様の場所で設定します。速度に関しては個人の好みですが、自分がやってみたところではACCELを0でSCALEを2ぐらいがやりやすかったように感じましたが、試行回数が少ない為この辺は個人の判断で変えてみてください。

さて、この設定にすると、アナログを少し傾けたら傾けた角度に比例して速度が変わるのですが…残念ながら自分で試したところでは

2段階の速度変化しか感じられませんでした。

結局のところ一般的なPS2の家庭用ソフトのようにアナログにダイレクトに反応してくれるような動作にはなりえませんでしたが、よりアナログ操作に近くなったのは確かです。

ただ、やりやすいかどうかでいえばまた別問題となってしまいました。


というのも、この2段階の速度変化は遅い速度からいきなりSCALEで設定した最高速まで変化します。この差があまりにも急激なのでやりにくいのです…
(ちなみにACCELを設定してる場合さらに速度変化が急激だった為尚更やりにくくなりました…)

ACCELで設定した速度変化は滑らかに加速する為、速度変化にも対応しやすいのですが、この設定ではそれが対応しにくいのが問題となった感がありました。

途中でもいいましたが、自分自身としては試行回数が少なかった為、やりやすい設定を見つけられなかっただけかもしれません。2段階とはいえアナログっぽい動きなのは間違いなくこの設定ですので、今のカメラ操作に納得がいかない方はこの設定を試してみてはいかがでしょうか?
またやりやすい設定など見つけましたら報告してもらえると幸いですm(__)m
[PR]

by diehappy | 2007-01-23 16:45 | Fantasy Earth Zero

FEZ 皿プレイ2   

2007年 01月 04日

近距離職ばかりやってるとたまーに遠距離職やりたくなってしまうので、皿を息抜きのつもりでやってましたが、気がついたら2日ほど皿ばっかりやってることに気がつきました(*´д`*)
レベルも地味に22に…

課金装備に関しては息抜きのつもりだったので、なにも購入してませんが、
レベル35の防具は買おうかなぁと考えてたり。先長すぎッスネ(*゚∀゚)=3

さて、前にも皿についていろいろ書きましたが、さらにやりこんでみた感想を。
前も「あてにくい」というようなことを言いましたがなんで当てにくいのかだんだんわかって来ました。
弾速も遅いんですが、それよりも"発動自体"が遅いようです。
このせいで、偏差撃ちをしてもなっかなか決まらないという状況が多いです。

雷なら落雷型だから当てやすいだろう…とおもってこれも試してみたのですが、こっちはこっちで射程距離が中途半端で火や氷に比べればまだ当てやすいほうですが、それでも微妙。
皿は思ってるよりとにかく難しいし、射程内にはいった=ヲリの射程内でもあるようなので油断してると殴られます(;´Д`)b

いろいろ試した結果、皿は基本的にどの型でも「援護職」なんだなぁという感じになってきました。まぁ言い方で誤解されそうですが、攻撃型である火皿でも結局のところはダメージディーラーというより戦線を維持したり、突っ込んでた仲間を無事に味方陣に戻ってこさせるための援護攻撃といった感じでしょうか…?う~むうまいこと伝えれないのがもどかしいですがw

今現在は火皿でやってますが、最近は氷皿のが面白そうだなぁと思ってきました。
ヲリでアタッカーな両手ヲリをやってるせいでしょうかねぇ?違う型をやりたいといった感じです(*´д`*)
[PR]

by diehappy | 2007-01-04 19:13 | Fantasy Earth Zero

oβ 皿プレイ。   

2006年 12月 18日

部隊の方に連絡です。
部隊レベル2になったので、部隊服をもらえるようになりました。
ヲリにとってはすぐ衣替えとなりますが、スカや皿は25ぐらいまで最高の防御力なので、取得すると( ゚Д゚)ウマーです。
取得方法がわからない方はゲーム内で聞いてください!。

さて、皿をプレイしてないのに偉そうなことも語れんなぁ…と思い皿を育ててプレイしてみました。ちなみに炎皿予定ですが、氷のフリージングウェイブまで先に取得致しました。
18レベルで戦場にでてみましたが…これ弓以上に攻撃当てにくいかもしれないですね
やってる感じどうも皿が自分にはあってない気もするので、もしかしたら相性の問題なのかもしれませんけど、やってる感じとにかく弾速が非常に遅いし飛距離が思ってるよりかなり短い。
ヲリと同じぐらいの位置取りでないと当てるのがかなりしんどいです。
そしてやってて思うのは、皿の場合普通に歩いてこられたほうがカナリ当てにくい…これは確実にあたっただろ!っていう偏差撃ちでも実は当たってないとかよくあります…弾速が遅いせいで到達までに180°反転されたら偏差撃ちの意味がまるでなくなるのも痛い…
逆にステップなんかは読みやすいからこっちのが当てやすい…つまり、皿に向かっていくときはジグザグ歩きながらいったほうが攻めやすいということだと思います。
(ただし逃げるときはジグザグ動いたらまっすぐ向かってこられる敵には確実に追いつかれるので、逃げるときはステップ駆使のがいいと思います。)

まぁまだ所詮18程度なのでスキルが整わない限りなんともいえませんが、皿はおもった以上に難しい。いろんな職試しましたが自分には一番あってないとも痛感…w
当分はまたヲリのテクを磨いて行きたいと思います。こっちも今ちょっと壁にぶち当たり気味です。ランクインはできるんだけどPOTが終戦までもたないという状態です(´・ω・`)
[PR]

by diehappy | 2006-12-18 20:15 | Fantasy Earth Zero

Beautiful Ones - blog -