NDS 女神異聞録デビルサバイバー プレイレビュー   

2009年 02月 23日

時間ができたので、ずっと書けずにいたデビルサバイバーのプレイレビューを書きます(゚∀゚)
ほんとはジン√を書いてから書くつもりでしたが、もうジン√で書きたい内容も忘れてしまったので、書かずに今回のレビューでデビルサバイバーの記事は最後にしたいと思います。



買う前は地雷と思って本当にすいませんでした!

結論から言うと、女神転生シリーズ…といっていいのかはわかりませんが、このシリーズ恒例のシステムである悪魔合体が好きなら間違いなくハマる!この合体とシミュレーションの相性がすごく良くて、作る悪魔やスキルでまず悩んで、その悪魔とリーダーの編成を悩む!パーティー編成とかの組み合わせに悩むのが好きな人にはほんとに良ゲーだと思います。

ただ単純にシミュレージョンRPGとしてやるならちょっと物足りないかもしれません。メガテン好きという前提条件はあると思います。


グラフィック面はDSとして無理せず無難な作り。
ドット絵はなかなかがんばったほうだと思います!特に"すごい!!"と感じる部分は特に見当たらないですが、逆にここが"悪い!"と感じる部分もありません。ほんとにDSのスペック内で無難に作られてると思います。

音楽は…個人的なものになりますがちょっと物足りません。
ペルソナ4とどうしても比べてしまうってのもありますが、イイ曲だな~とかこれは心に残る!とか思ったのが全然ありませんでした。こちらもDSというスペック内で無理せず作られてる曲って感じですね。一昔前はこんな感じの音楽が多かったように思います。


システム面は良くできてたと思います!前述の悪魔合体ですが、今回は二身合体で若干簡易化されてますが、悪魔検索の使いやすさといい、合体後のスキル継承は自由に選べるようになってたりと悪魔合体にかかる時間がかなり短縮されてて、これを体験するとスキル継承の決定→キャンセルの作業はもうできないかもしれません…w

そして好きに作った悪魔をパーティーに組み込む…今作には"装備"というものが存在しないんで、パーティー編成がそのまま強さとなって現れます。バランス良く組むもよし、攻撃に偏るもよし、補助に回るもよし!悪魔合体の段階から考えて、かなり自由にパーティーを作ることができると思います。


バトルシステムはタクティクスオウガのような各キャラの行動や速度に応じて順番が決められたアクティブターンになってます。1ターン内に行える行動は移動1回、攻撃1回 ここまでは普通のシミュレーションですが、スキルに関しては各キャラ1回づつ行動可能で、スキルを使っても通常の攻撃も可能です。
「なら全行動消費してから行動したほうがいいじゃん!」って思うかもしれませんがこれは違います。↑に書いたアクティブターンなのがミソで、行動を行えば行うほど"行動ゲージ"が増えていきます。ターンが回ってくるのがこの行動ゲージがなくなった時なので、1ターン内で行動すればするほど次ターンが回ってくるのが遅くなります。

例えばになりますが、移動せずに攻撃のみを行って行動終了したパーティーと、移動、攻撃、スキル全キャラ使用したパーティーでは後者が次のターン回ってくるまでに前者が3ターンほど消化できたりもします。

攻撃に関しては通常のRPG同様のコマンド式の戦闘になります。通常は1ターンづつ攻撃したら終了になりますが、うまく弱点をついたり、クリティカルを出すことでEXTRA TURNが生じて、もう1ターン追加されます。
ペルソナ4でいうところの1MORE的なものと思ってもらえればokです。
これを上手く狙うことで戦闘が有利になるのはペルソナ4同様です。

難易度はフリーバトルを使用しなければなかなかの歯ごたえ。ステージによってはベリーハード(*´Д`)
上手く悪魔合体をこなしてなければフリーバトルを使用せざるをえない状況に追い込まれるかもしれませんw
フリーバトルを使えば十分に鍛えることもできるんで、難易度はどんどん下がります。
フリーバトルを使わずに難易度を楽しむもよし、フリーバトルで鍛えたりお金を稼いで好きな悪魔を作ったりその辺の遊び方は自由です!


ボリュームは初周はおそらく30~40時間ほど(フリーバトルなしで)
2周目は悪魔引継ぎ等があるし、メッセージスキップ(これは1周目でも可)使えば1周10時間あたりになると思います。全√制覇しようと思えばかなりの時間遊べます。隠しボスも存在するのでやり込み要素も若干ありです。


不満点は…
レベル差補正がかなり強くて、ステータスがよくてもレベルが低ければ弱い…ちょっとこの補正が強すぎて、愛着のある悪魔をずっと使い続けるにはかなり根気がいる。次々合体してレベルを引き上げていき、いろんな悪魔を見ていくというのも悪くはないんですが、ステータスの依存のが個人的にはよかったかな…

仲間キャラが揃う時期も正直遅い…ストーリー的には仕方ない部分かもしれませんが、悪魔は自由にできるのに対して、キャラクターは終盤にならないと自由に入れ替えできないのはちょっと残念。

2周~3周~と周回プレイがわりと面倒…メッセージスキップがあるのでその辺はよいのですが、戦闘が3周もすると面倒な作業になる…(悪魔が引き継ぎできるんで、余裕でクリアできるため楽しくない。)
2周目からはさらなる高難易度…あるいは1回クリアしたステージは飛ばせれるようにしてくれればよかったかなと思います。結局内容の変化は終盤ですからね…それまでは会話イベントで最終分岐を出す為の作業。



総評としては、「たぶんコケるだろうなぁ…」と思ってたゲームが普通に良ゲーでビックリしました!最初にも言いましたが、コテコテのシミュレーションRPGを望む人には物足りないとおもいますが、メガテンの悪魔合体が好きな人には普通におすすめ!バトルステージも1ステージ10分ほどのライトなものになってるので全体的にテンポもよくサクサク進められます!このゲームはDSソフトでおすすめできる作品です。
[PR]

by diehappy | 2009-02-23 00:01 | ニンテンドーDS

Beautiful Ones - blog -

<< XBOX360 スターオーシャ... XBOX360 ACfA 久し... >>