XBOX360 Tales of Vesperia プレイまとめ   

2008年 11月 16日

ToV日記もひとまず終了ということでプレイまとめを書いてみたいと思います!
最終日記は↓にあります。

ToVは評判通り、ほんとに良いRPGでした。
今年の夏はペルソナ4といいこのToVといい良RPGが続いたようですね(゚∀゚)

さて・・・テイルズオブヴェスペリアに点数をつけるとするならば(各10点、50点満点)

ストーリー:6 システム:10 グラフィック:8 サウンド:7 ボリューム:10

ストーリーはハッキリいって凡レベル・・・個人的にはあまり面白いとはいえなかったですね。
しかしキャラクター自体が魅力的なのが多く、それが救いですね~

システム面は不満点を上げようと思えばあげれますが、十分過ぎるほどいいデキになってるので10点です。戦闘システムは特に面白く、テイルズシリーズいろいろやってきましたが、間違いなく最高峰だと自分は思います。(今までリバースが一番好きでしたが、今回でToVは文句なく1番です。)
あと度々言って来ましたが、ロード時間の短さはほんとに特筆できる点だと思います。(インストール等なしですしね)地味な部分ではありますが、これのおかげでストレスがまったくなくプレイできたと思います。

ボリューム面はストーリーだけで60時間。スキット等飛ばしていけば50~60時間ぐらいではないでしょうか?寄り道等いれた場合は余裕で80時間ぐらいいきそうですし、実績等や隠しダンジョン等のやりこみを入れれば100時間なんかでは間違いなく足りないレベルです(゚∀゚)

周回プレイを前提にされてるゲームなんで、ストーリー面のボリュームはこれがちょうどいい塩梅ですね!長すぎず、短すぎず。これ以上長ければ周回なんかは面倒になるし、短いと物足りない。ストーリーだけでは物足りない!という人はこの膨大なやりこみ要素でほんとに納得の内容だと思います。





ストーリー面は上記に書いた通り、はっきりいって凡作だと思います。
テーマとしては「正義を貫き通す」ということで、途中まではそのテーマ通り"正義"に焦点が合ったストーリーだったと思います。(ユーリとフレン、帝国の体制等)
ユーリが暗殺に手を染めたのもこの"正義"という部分に大きく関連しててこれからこの"正義"はどう描かれていくのか?と思ってたら、なにやらいきなり世界崩壊の危機になって、世界を救う旅に一転・・・途中からはちょっと無理矢理感があったような気がしなくもない・・・別に無理に世界崩壊は描かなくてもよかったんではないかなと思ってます。

それよりももっと"正義"という部分にスポットを当ててほしかった。

ユーリとフレンだけでも正義のあり方が大きく違ってたし、+魔狩りの剣やイエガーなんかもそれぞれの"正義"が描かれてたのに、魔狩りの剣は最後にちょこっと語らせただけで終了。イエガーなんかはサブイベントで語られるぐらいの扱いです・・・
(イエガーの説明はメインストーリーに組み込むべき!ストーリーだけだとあいつは終盤いきなり現れていきなり死んだだけの存在です・・・)



ゲームシステムは3年かけて作っただけあってほんとによく出来てます。
ポンポン新作が出るテイルズとは思えないほどです(ぉぃ

ロードはほんと散々いってるので省くとして、戦闘システムがほんとによかった・・・FSのシステムは前に語った良システム。特によかったのは今回のパーティーキャラクターはほんとにどれも扱いに特色がありすぎてどのキャラともかぶらないという点。
そのおかげでプレイヤーが使えばどのキャラでも最強になりえるというバランスは素晴らしい。
(ニコ動等にあるコンボ動画みれば分かると思いますが・・・どれを使ってもすごいですw)

ただCPUに使わせる・・・という点においては能力という意味ではそこまで差はないものの思考の問題でリタが抜けて強いかな?と感じます。(OVL使わせる設定にさせてたら鬼人)

前にもちょっと書きましたが、クリア後ということで改めてキャラごとの感想を書いてみたいと思います。

・ユーリ
ハイパーコンボとグローリーのスキルが揃ったときの強さが異常www
ただでさえ攻撃力上げるスキルが豊富でコンボプラス等も揃えたらもう鬼人(゚∀゚)
ハイパーコンボとオーバーリミッツ2を組み合わせたら実質TP使い放題です。近接物理キャラとしては間違いなくトップレベルです。

弱点としては、ジュディスと違い地上で攻撃するキャラなんでコンボ中は無防備になりがちです。

・ラピード
盗むが神!実績解除には必須なんで間違いなく攻略必須のキャラクターです。
ユーリやジュディスのような純近接物理系に比べて若干トリッキーなタイプなんで、攻撃という面では若干劣るもののサポートスキル等が豊富なんでかなりの便利キャラです!

個人的には1周目は間違いなくPTに欲しい存在だと思います。それほどサポートとして優秀。

・エステル
回復の早さという点ではレイヴンに劣るものの、回復量という面では圧倒的にエステルが優位。
防御力もめちゃくちゃ上がるんで、地味に壁役になれる。
後半覚える魔法のスキル変化技がなにげに強いんで攻撃面もそこそこ優秀。回復役と拘らずに使うのもありだと思います(゚∀゚)b そういう意味では個人的にはレイヴンと相性○
ただ、TP消費が激しいんで装備やスキル揃うまではなにかと厳しい・・・

・リタ
CPUに使わせるなら間違いなく最強キャラ。OVL発動したら詠唱なしで魔法連打できる鬼人っぷり。
リタにOVLさせながらエステルにも上級魔法唱えさせると画面上がヒドイことになるwww処理落ち上等wwww
魔法自体がガードブレイク効果が高いんで、ボス戦なんかでは特に強い。

プレイヤーが使っても面白いですが(近接コンボなんかもできますしね(゚∀゚)
CPUで使わせても強いんで、他のキャラに比べて扱うメリットはあまりないように感じます。

・レイヴン
本当の意味で万能キャラ!近接、遠距離、魔法、回復どれでも可能!!
器用貧乏と思うのですが、全然そうじゃありません!本当に万能(゚∀゚)b
PTにいれておけばどの穴埋めでも可能で素晴らしいです。

弓を使わせるより魔法を使わせたほうが若干強いかな?ハヴォックゲイルとテンペストが優秀
ただ詠唱は長いのでその辺は弓と臨機応変に

・ジュディス
ユーリと1.2を争う近接物理系。ユーリは非常に扱いやすく、スキル自体も強力なんでダレでも簡単に扱えるという利点があるのと逆に、こちらのジュディスは使いこなすには腕が必要。格闘ゲームバリですw
しかし扱えるならユーリよりも強い可能性が・・・空中コンボは敵に邪魔されない利点に加えうまいことやればすごいコンボをたたき出せるので、ダメージ面も相当なものです。

弱点は空中に浮かせられない敵に対してはメリットがなくなってしまう点・・・それならユーリのが軍配あがりますからね(;´Д`)

ユーリとジュディスどっち使うかは好みの問題でよいと思います!

・カロル
すいません・・・全然使ってないのでわかりません(´;ω;`)
というのもカロルはダメージ食らった時の声がたまにほんとに"女"になるんでそれが生理的にダメだったんで使いたくないキャラになりました・・・w
中の人が女性なんで仕方ないんですが・・・めちゃくちゃ些細な理由で使いませんでした。・゚・(ノ∀`)・゚・。


まだ単純に1周クリアしただけなので書けるのはこの辺です。
やりこみ等はwikiみてると半端ないし、今現在クリア後のデータで武器合成制覇を目指してますが、これだけでも相当遊べます(*´Д`)
まだまだやりこんでいく予定なので気が付いたこと等あれば書いていきたいと思います。
[PR]

by diehappy | 2008-11-16 19:59 | XBOX360

Beautiful Ones - blog -

<< 駄文 081117 XBOX360 Tales o... >>