FEZ ガイド2 「職別スキル構成&特徴解説」   

2008年 01月 06日

チチさんがFEZ始めてくれたので、こちらのシリーズでプレイの手助けになればよいかと思います(`・ω・´)b

『※本題に入る前にまったく関係ないお話になりますが、最近本当に当サイトへの悪質なURLが貼られることが多いので明らかに本文と関係がないようなコメントでのURLは踏まないように皆さん注意してください。

これが1個目。2個目は右のメニューバーのFEZの項目ですが、両手ヲリスキル考察は当時と今では仕様も違うことから一時削除しました。スキルに関しては今回の記事を最新のものにします
また、アイテム課金考察も古くて現在とはだいぶ変わるのですが、参考程度にはなると一応おいてます。
パッド考察は今でも問題なく使えますが、私自身はすでにマウス+キーボードに乗り換えてるほど全般的に考えてマウスに慣れたほうが明らかにプレイが向上するのでできればパットだけ!という選択は使わないほうが良いという考えに自分はなってます。
パット+マウスはありだと思います。ようはマウスを使うことが重要です。』


では前置きや注意点が長くなりましたが、本文に入りたいと思いますm( __ __ )m





ガイドシリーズ2弾目!ということで、本来ならスキル構成なんてやる前にこのゲームをもっと知ってもらうようなアイテム課金のことや、プレイ環境の調整等をやるべきなんでしょうけど、そういうのは"プレイしてから"じゃないとイマイチ理解できない部分でもあると思うので、今回はプレイを始めたけど、スキルをどうすればよいのか…というこの手のスキルポイント割り振り制のゲームで一番悩み、楽しい、そして時には面倒と感じてしまう部分から触れようと思います。

悩んだままではキャラ育成が前に進みませんからね~一応スキル振りを失敗したと思っても、200円でリセットできますし、闘技場等を利用すればタダでその権利を手に入れることもできますのでご安心ください。

又レベルによって成長する要素はこのゲームではスキルポイントと熟練度と若干の攻撃力upです。
熟練度に関してはまた別の機会にやりますが、簡単にいえば"高ダメージの出やすさ"です。熟練度といっても、なにかしてたらあがるようなものじゃなく、あくまでレベルによるものです。またこれはそこまで重要なものではない為現段階では気にしなくても良い程度とおもっておkです。


スキル構成の特徴ですが、大きく分けてヲリ、スカ、皿ともに3種(ヲリ、スカは純2種にハイブリ1 皿は火、氷、雷 3色は特別なので除外。)があります。もちろん取り方自体は個人の自由なので、あくまで代表的なものという意味で3種としてます。

[1]ウォリアー
ヲリは大きく分けて両手と片手という分類に分かれます。両手は機動力とトップクラスの瞬間火力がウリですが、近距離戦というリスクに対して防御力がちょっと低い。
スキル構成は:http://feskill.omiki.com/FE_war.html?0LI00LLI
純両手と呼ばれるスキル構成です。

これに対して片手は圧倒的な防御力による生存率の高さとシールドバッシュという4秒間行動不能にできる恐るべきスキルがウリ。両手と違いどちらかというと仲間のアシストをするのが仕事です。
スキル構成は:http://feskill.omiki.com/FE_war.html?0LLLL000
純片手と呼ばれるスキル構成です。

これら2種の良いところを取ったスキル構成をハイブリといいます。最近のヲリの主流はこのハイブリのスキル構成です。
ハイブリにも大きく分けて両手よりと片手よりに分かれますが、二つとも分類はハイブリヲリです。ようは片手の代名詞でもあるシールドバッシュと両手の最大瞬間火力であるヘヴィスマを取った型がこう呼ばれるわけです。
ハイブリは挙げていったらキリがないので代表的なスキル構成を二つほど挙げます。

まずは両手より:http://feskill.omiki.com/FE_war.html?0I30LLFI
ヘヴィスマだけレベル2。これはヘヴィスマだけレベルを上げても効果があまり向上しないのが理由。逆にいえばヘヴィスマは1からでもかなり強力というわけです。

片手より:http://feskill.omiki.com/FE_war.html?0I3LLLC0
こちらもヘヴィスマはレベル2。ドラテツリーがアーススタンプツリーになったものです。

二つのスキルでの動きの違いは両手よりはバッシュを敵を殺す手段として用いた感じで、自分で足止めして殺すという自己完結型。
片手よりは基本は片手で動くものの、片手だけでは瞬間的な火力がないので、バッシュしても仲間の追撃が期待できないときに火力を持ったタイプに変えることができる。

まぁどちらも結局のとこ臨機応変がウリの型で、一見かなり強いように見えますが、やはり弱点もあります。一つはクランブルストームを捨てること。片手よりなら吹き飛ばしスキルが一応ありますが、このクランブルストームは仲間を助けたりするときに非常に有効な手段。特に押され始めたときにあるとないとではかなり生存率が変わる。またヘヴィスマもレベル2なので多少の差とはいえヘヴィスマ3にはダメージが劣ります。

またスキル以外にも装備を持ち替えないと使えないことや、ガードレインフォースが装備を変えるごとに外れたりと装備変更のタイミングも地味に難しかったりする。
最大の問題点としては両手と片手でエンチャントがバラバラになるので、エンチャントするなら普段の2倍必要というリアル的にも問題が生じる。

個人的には結構玄人向けなスキル構成だと思います。

[2]スカウト
スカもヲリと同様大きく分けてまず弓と短剣に分かれます。
弓はこのゲーム中もっとも射程が長い武器ですが、反面一番攻撃力が弱い武器でもあります。特に片手ヲリに対しては30~40そこらしかダメージが出ません。弓というよりスカウト全般に言えることですが、スカウトは"補助的"な役割の職業です。弓はダメージを与えるというよりは皿の詠唱の妨害を第一に考えるのがベター。皿に対しては100ぐらいダメージ入るので、ダメージという点でも皿を狙います。ヲリは苦手なので無視しておkです。
弓のスキル構成は:http://feskill.omiki.com/FE_sco.html?3LLLL00000
純弓といわれるスキル構成です。

短剣は一撃必殺なパニッシングストライクから武器を壊したり、目潰ししたりと多彩な弱体系の攻撃があります。基本は弱体をメインにする職業で、実は片手ヲリに対してのアンチ職だったりもします。いわゆるブレイク系と呼ばれるスキルの特にガードブレイクが強力なスキルとなっています。また鈍足のレッグブレイクも敵を追い詰めるのにかなりの良スキル。
ただし弓と同様攻撃力という面ではパニ以外は攻撃力が低いです。
短剣のスキル構成は:http://feskill.omiki.com/FE_sco.html?000002LLLL
純短といわれるスキル構成です。

実はヲリよりもスカのがハイブリは一般的なスキル構成だったりします。理由としてはスカの場合スキルが豊富な上に優秀なスキルの取得ポイントが低いという特徴があります。
なので、スカのハイブリはヲリ以上に挙げるとキリがない上に代表と呼べるようなような型もあまり聞かないので(個人でハイブリスキルの構成の意見がかなり違うから)
あくまで自分個人のおすすめとしてのスキルを1つ挙げます
http://feskill.omiki.com/FE_sco.html?3LI0000L3L
妨害に特化したタイプです。ヴォイドはスキルポイント上省きます。本当は欲しいのですが…皿に対してはレインやエアレイドでの詠唱妨害、近い場合はパワブレ。近距離のヲリに対してはガードブレイク等で近距離、遠距離ともにカバーしたタイプです。

[3]ソーサラー
ヲリやスカみたいな武器の違いによる差ではなく、魔法の属性によってタイプが変わるのが皿です。属性といってもこのゲームでは一般的なゲームの属性の概念はなく、あくまで特徴として捉えれば良いかと思います・・・w
(このゲーム始めた人が最初にぶちあたる疑問だったりしますが、皿の攻撃は確かに魔法攻撃ですが、ヲリやスカと同じ物理攻撃と変わりません。このゲームではそういう違いが存在しないので誤解なきよう。)

大きく分けて火、氷、雷の3種類になります。また皿の場合は他と異質で、火や氷等の純スキルを全部取ったとしても、絶対にポイントが余るようにできています。なので絶対的にハイブリ的な構成となります。
なので皿の場合はスキル構成を悩む上で問題になるのは、一つのツリーをすべて取ったあとに残ったスキルポイントの割り振りが問題となります。このスキルの割り振りがスカ同様意見が様々になる為、あくまで私個人が気に入ってるスキル構成で例を挙げて行きたいと思います。

火皿は皿中一番射程が短いですが、火力という面で非常に優秀。総ダメージ量では恐らく全職中No.1です。両手は瞬間火力が優れていて、火皿は総ダメージが優れていると思ってokです。その理由がDoTダメージ・・・いわゆるスリップダメージですね。すべての攻撃にこのスリップダメージがついていて、火皿の特徴であるヘルファイアは平均300ダメージ+180のスリップダメージで一発当てたら約半分のHPを削り取ることができる恐ろしい職です。
スキル構成は:http://feskill.omiki.com/FE_sor.html?2I0LLK0

氷皿は皿中一番射程が長いですが、攻撃力という点では一番劣ります。どちらかというと補助的役割のスキル構成で、相手をルート(足止め)したり、鈍足にさせたりするのが仕事。文字だけでは一見地味な役割ですが、片手とコンビを組んだときの氷皿は現状非常に恐ろしい存在となっています。代表的なスキルであるブリザードカレスは長射程広範囲でルート、鈍足を撒き散らす恐ろしいスキルで、戦争の流れの起点になる存在です。またフリージングウェイブという自己範囲の自己防衛スキルもあります。
スキル構成は:http://feskill.omiki.com/FE_sor.html?2C0L0LL

雷皿は皿中一番魔法の発動が早く、また高低差を無視できたり、他と違い魔法がいきなり降り注ぐ為どこから撃たれてるのかわかりづらいなど、他2種に比べて少し毛色が違うものとなっています。特に雷皿の代名詞であるジャッジメントレイは高範囲で上記の特徴を持ち合わせてる為、魔法を撃つ本人の動作や音だけを頼りで避けなければならない。死角から撃たれたら避けるのは非常に難しい。攻撃力という点では火皿よりは瞬間的なダメージは少し高いものの、ダメージ量自体は火皿より劣ります。火皿と違い正面からの攻撃というよりは、相手の死角をついていくといった感じです。
スキル構成は:http://feskill.omiki.com/FE_sor.html?2LL00L6

他に3色皿というのもありますが、これは特殊なので省いておきます。
また、上記のスキル取りではアイスジャベリンを優先してます。これをフリージングウェイブにするのも良いかと思います。この辺が好みになるので皿のスキル構成は難しい。


[4]最後にまとめ
ここまではあくまで職が決まった上での代表的なスキルの取り方を書きましたが、もし職から悩んでる方がいれば、自分は火皿を強くおすすめします。
一番おすすめしないのはスカウト全般です。理由は強い弱いではありません。どの職も腕次第で優秀であり、必要な職なのがFEZです。

ならなぜ火皿がおすすめか?それは火皿ならどれに攻撃してもマイナスになることがほぼないからです。ヲリやスカ、他皿二色の場合、状況によっては「相手を助ける」行動になることがよくあります。つまり周りの状況を判断する必要があるわけで、スカウトなんかはそれが特に如実にでます。スカウトは初心者が扱うには個人的に非常に難しい。もちろん火皿でも周りの状況を見なければなりませんが、他の職に比べて失敗の選択がまだマシなのです。少なくとも他の職よりはダメージが期待できますからね。文句をいわれることもそうないと思います。

また、火皿以外でおすすめなら片手ヲリをおすすめしておきます。



だいぶ長くなりましたが、以上です。なにか質問があれば最新記事にコメント、もしくはここでもおkですので気軽にどうぞ! 2008.01.06 diehappy
[PR]

by diehappy | 2008-01-06 09:01 | Fantasy Earth Zero

Beautiful Ones - blog -

<< FEZ [動画] 「弓スカって... NDS いいですともネタバレレ... >>