FFTA2とASH   

2007年 10月 29日

コメントにプレイ感想を~と書き込みがありましたので少し書いてみたいと思います。
(mixiに書いたのと同じような話になりますが・・・)
FFTA2もASHもまだプレイ時間3時間もいってない程度なのでほんとに触り程度ということだけ先に申し上げておきます。



FFTA2:
続編という感覚は正直薄く、またどちらかというとFFTAを作り直した感覚に近いです。その理由としてはキャラのドット絵の使いまわしや、FFTAやFF12の曲を多用してる点など。ドット絵に関してはあからさまなものなんでマイナス点ですが、音楽に関しては原曲に近い形ですが少しアレンジを加えてるあたり、個人的には新曲よりこういう曲の使い方のが続編という感じがして良い。(さらにイヴァリースアライアンスシリーズとして考えてもある意味繋がりを感じる。)

システム周りは個人的にはかなり良い。ダブルスクリーンをうまく利用して、各キャラのターンや弱点、全体を通しての1ターンの計算、ロウ、目的などかなりわかりやすくFFTAでかゆいとこに手が届かなかった表示がすべてみれます。またこの手のゲームでは十字キーのマスの移動が上で右か上で上に移動するかの操作性が会社によって変わってしまってるが、FFTA2はそれをオプションで設定できるようにしてるのは良い。
戦闘テンポもNPCのもたつきがやや気になる程度ですが、その他は十分許容範囲。

武器の種類の増え方はFF12の掘り出し物のような形のちょっとヌルくわかりやすくしたタイプでアイテムを生産すれば商品として店にならぶといった感じで、一戦一戦ごとに装備が増えていく楽しみがあってこれは地味に面白い。

あまりまとまりがない文章でしたが、総じていえば、使いまわしが気にはなるがやってるとついついのめりこんでしまう面白さがあります。見やすいし操作性も良いほうだと思うのでプレイしてても疲れないってのがポイントかもしれません。
なにげに主人公が結構熱血タイプで個人的には好きですw


ASH:
こちらは残念ながら世間の評価と同じで酷評せざるを得ないです。なにより操作性が最悪としかいえません。プレイヤーのことをまるで考えていないような操作性。タッチペンオンリーなのは百歩譲って良いですが、タッチペンでの操作性がなお更悪い。また、一部の映像がかなり綺麗なわりにフィールドマップがかなりお粗末。SFCの初期のグラフィックみてるようです。まぁこれはこれで味があると思えばよいと思いますが、それにしては少しショボすぎる…

とにかくこのゲームシステム周りがプレイヤーのことをあまりにも考えてないのが目につきすぎてプレイするのがシンドイのが否めません。
ただ、中身は坂口氏ががんばって作っただけあって、いいものはもってると思います。でもシミューレションRPGとしてやると痛い目みます。どちらかというとRPG色が濃いです

面白いか面白くないかでいえば、そこそこ面白い。でも新品定価値段で買った人は文句もいいたくもなると思います・・・自分の場合は半額でしたからこの評価ですが…
[PR]

by diehappy | 2007-10-29 02:53 | 駄文

Beautiful Ones - blog -

<< MHF 日記60 MHF ガンサーズガイド②:ア... >>