MHF ガンサーズガイド②:アイテム編   

2007年 10月 26日

今回はガンサーの狩りに役立つアイテムをまとめてみたいと思います。
(※今回はアイテムということもあり、実はガンランスだけに限ったことではないということだけ先に申し上げておきます。なのでガンサー記事としてはどうなんだ?という感じではあります…w)

データに関してはwikiのアイテムの項
http://monmon2.syssupo.co.jp/mhfwiki/index.php?%C6%BB%B6%F1
などを参考にしてください。調合も同wiki内にて確認してみてください。

この記事のことを簡潔にまとめてる項目
http://monmon2.syssupo.co.jp/mhfwiki/index.php?%A5%A2%A5%A4%A5%C6%A5%E0%A5%BB%A5%C3%A5%C8



次回に詳しく説明しますが、お金があるなら装備を作る前に私はまず「ガーデン」の強化をおすすめしておきます。

回復系:
回復薬、回復薬グレートは必須。これは基本事項です。
これらを合わせて20個で狩りできる状態が一番望ましいですが、どうしても厳しい戦いなどになると回復薬の搭載数を増やす必要があります。そんなときには薬草やサシミウオなども最大回復量を上げるいいアイテムです。薬草とサシミウオは回復量は同じですが、薬草は飲む速度が回復薬と同じで戦闘中に使えるタイプですが、サシミウオは肉を食べるモーションが必要となるため戦闘中に使うのは危険なことが多いです。その違いを踏まえて使い分ける必要があります。

まだ回復薬を増やしたい場合はアオキノコ+薬草or太陽薬で回復薬。回復薬+ハチミツで回復薬グレートなど、調合を駆使して回復量をあげるのも手です。強敵には普通に使える調合です。調合書G・錬金編などで錬金術が使えるならネンチャク草+虫の死骸で薬草もクエスト中に作ることが可能です。

特殊な類では回復笛、生命の粉塵や漢方薬、大食いマグロなどの回復方法も存在します。粉塵は搭載数が最大3ですが、仲間全体を回復できる優れもの。回復笛はそれの効果を弱めていますが、回数がランダムで使えるこちらも優れた逸品。漢方薬やマグロなどは特殊すぎてここまで使わなければいけない狩りならすでに負けてる可能性や荷物的な問題でもっていけないので視野にいれなくても良いと思います。

回復薬:基本は道具屋で購入。調合する場合のアオキノコと太陽草は「樹海ってこんなトコ」の報酬で簡単に集められます。本格的に集めたい場合は採集がてっとり早いですが。

回復薬グレート:回復薬は道具屋で購入。ハチミツは調合屋フェスタの日に買い貯めがおすすめ。ガーデンの虫あみでも入手できますが、やるならラッキー虫あみ★3。これなら調合屋フェスタを利用せずとも普段の生活をまかなえる量を貯めれるし、他の素材等も入手できてお得。
この他の方法なら採集が一番無難。

薬草:錬金術にて虫の死骸+ネンチャク草が一番簡単。虫の死骸とネンチャク草は調合屋にて売ってる為、錬金術ができるならほぼ無限に生産可能。個人的には非常におすすめ。
またガーデンの水撒きで入手可能。★3であれば上記のことをせずとも有り余るくらい入手可能です。この他採集がありますが、正直そこまでして手にいれるべきかどうかは疑問です・・・あくまで上記2種の方法で簡単に手に入れれるなら・・・というのが最低条件な回復アイテムだと思います。

サシミウオ:食材屋にて購入。釣りで入手するのはめんどうすぎるので× 薬草を簡単に入手できる状態であれば特に必要はない回復アイテムかと思います。

生命の粉塵&回復笛:調合方法はwikiにて。不死虫は簡単に採取できますが、食材フェスタのときに購入しておくのが一番簡単。また水撒き★3であれば生命の粉も余るほど手にはいるので、本格的に使う方は水撒き★3のがおすすめ。
さらに粉塵を角笛と調合することで小効果、ランダム回数の回復笛を作成することが可能。粉塵は強敵と戦う場合、笛は常時といった感じです。


強化系:
どれも入手がそんなに楽とはいえないもののため、常時使うようなアイテムではないが、強敵と戦う場合はどれも戦闘を楽にするアイテムです。特に秘薬類はPTプレイにて必須と考えてokです。もしもの時の為に最低一つは所持しておきましょう。

秘薬:HPの最大量をMAXにするアイテム。主な使用方法は攻撃食事を食べた時か死亡時の体力を最大量にする等。主な調合はマンドラゴラ+栄養剤グレート。マンドラゴラは調合屋フェスタのときに買い溜めが楽。20~30もあれば少なくとも1週間は持つはずです。また水撒き★3でもあまるほど入手できるのでこちらもおすすめ。回復薬としても使用できますがそれははっきり言って最終手段のため、秘薬は一応強化系扱いとしました。

いにしえの秘薬:秘薬の上位版。スタミナも+150されます。秘薬よりも調合が大変なのと最大数が1と秘薬よりやや使い勝手が悪い為、秘薬より使用率は低いですが、使い勝手は秘薬とまるで同じ。
またメリットとして、レア度が高い為モンスターに盗まれることがない。逆にデメリットではPCに受け渡すことができない。その点を踏まえて秘薬といにしえの秘薬と使い分けるとベター。

栄養剤:体力最大量を+10にするアイテム。秘薬と違って回復はしないのと、体力upは食事でまかなえる等で使用する頻度は極めて低い。が、最大量150に微妙に届かなかった時などに便利で決して使えないアイテムではない。道具屋で購入できるし効果は重ねて効果をを得られる。栄養剤グレートはこの為はっきりいって価値はない。あくまで秘薬を作る材料といった感じに…

活力剤&こんがり魚:体力の回復速度を上げるアイテム。スキルの回復速度と同等の効果を得られる。活力剤はマンドラゴラを使用するのであくまで有り余るほど使える人向け。同効果のこんがり魚のが簡単に作れる為主にこちらをメインに使用するといい。魚は調合屋で買える魚でまかなえるので釣りをする必要はない。

強走薬&強走薬グレート:スタミナが減らなくなるアイテム。双剣、ハンマー、弓などは非常に効果的なアイテム。これがあると火力が段違いになる。スキルのランナーよりも効果的ではあるが、最大で6分間。強走薬は強走薬Gより調合自体は簡単なようにみえるが、強薬薬Gは入手自体が非常に簡単なため、ノーマルのほうの使用頻度は限りなく低い。Gの入手方法はツタの葉をもって密林or樹海で爺交換かマカ壷に回復Gを調合し、5分埋めておけば完成する。戦闘中常時使いたい場合はマカ壷で強走Gを生産しながら戦うことで可能となります。

強化系(攻撃&防御編):
ほんとは上記の項目に入れたかったのですが、細かい話になりそうなので分けて書くことにしました。攻撃UP、防御UP系には基本的に食事,種,笛,薬,爪&護符といったアイテムがあります。
(※狩猟笛やスキルでもあげれますが、それは別のものになるため除外。ちなみに効果自体は重ねて効果を得られる。)
(※今回は丸薬系を抜いてます。理由としては私個人はあれを実用だと思っていない為です。)
またこの項では武器倍率というのを理解していただく必要があるため、重ねてこちらのページを理解してください。
http://mmpotato.hp.infoseek.co.jp/codes/MH2/platk_kins.html

まずこれらのアイテムの重複をまとめます。

種系、笛、丸薬
薬系、食事

護符


横方向では重ねても効果が得られません。縦方向では重ねて効果を得られます。

怪力の種&忍耐の種:効果が3分と短いが、攻撃のほうは倍率+10、防御のほうは+40と効果が非常に大きい。だが、入手が面倒なため常時使うことはほぼ不可能なので、種を使う場合はあくまでタイムアタックや強敵と戦う時といった感じにしたほうが無難です。
入手方法は水撒き★3が非常におすすめ。結構な数を入手可能です。その他は錬金術という手もあります。怪力の種は調合屋で売ってるもので調合できますが、忍耐の種はモンスターを狩りにいかなければならないので面倒・・・それなら採集したほうが早いです。

鬼人笛&硬化笛:種と同効果のくせにランダム回数&仲間全体で使える優れもの。調合がやや面倒&笛を吹くモーションが長い等デメリットは当然ありますが、消費を少なく抑えた上でステを底上げできる良アイテム。よほどでない限り種を飲むよりはこちらを作って使用したほうが良いです。
ちなみに調合は必ず3種調合で。2種調合の場合は鬼人薬→鬼人薬G→鬼人笛とステップを踏まないといけない上に鬼人薬Gにてアルビノエキスを消費してしまうという無駄がでてしまうので注意してください。

鬼人薬&鬼人薬グレート:種、笛とは違い効果時間はそのクエスト中に死んだりしない限りはそのクエスト中は永続です。その為効果自体は種、笛より劣ります。ノーマルで倍率+3 Gで倍率+5。
鬼人薬は簡単に作れますが、鬼人薬Gはアルビノエキスを使用する為あまり頻繁に作ることはできない。が、しかしこの薬の効果は食事でもまかなえるものであって、食事なら容易に倍率+5の食事を取れるためどうせ使うなら鬼人薬Gでないと意味がないと考えてよいです。

硬化薬&硬化薬グレート:上記のものと同じ効果。上昇率は+6、+10。種や笛のそれに比べて非常に効果が薄い為使うかどうかは微妙ライン。どうせ同じ種使うのであれば笛が優先のが良いと思います。

力の護符&力の爪:持ってるだけで永続の効果があるアイテム。護符は倍率+6 爪は倍率+9でさらに両方持つことで+15と重ねて効果を得られる薬よりも効果が高い優れもの。欠点をあげるならアイテム欄を食うことです・・・なにげこれが地味に痛い。
どうせ持つなら両方同時に持ちたいが荷物的に厳しいなら爪だけでも良い。調合は道具屋で売ってる護符をラオの大爪を調合すると出来上がる。なにげに護符の値段が高いがそれに見合う効果はあるので、お金があるうちに作ることをおすすめしておきます。

守りの護符&守りの爪:上記のものと同じ効果。こちらも薬よりも効果が大きいので、重ねて持つと効果的。しかし上記のものともつと最大で4つのアイテム欄が埋まってしまうので、各々必要なものを必要数持つようにしてください。

この項目のまとめ:
どれも一つ一つの効果は微々たるものです。が、これらの類は積み重ねると非常に大きな効果を得られるのも事実です。特に私が重要と思う攻撃方面の上昇率はかなりもので、これらのアイテムを最大に重ねれば攻撃倍率が+30にもなる。ガンランスの攻撃力でいえば+69です。武器次第ですが攻撃力が10~20%確実に上昇してるわけでこれを効果がないといえるならよほどのことです…w
古龍などのモンスターで体力が多いと思うならまずこれらをしっかりとやることをおすすめします。


予想していたよりあまりに長くなった為、次回もアイテム編を書きたいと思います。
07.10.26
[PR]

by diehappy | 2007-10-26 18:29 | MONSTER HUNTER

Beautiful Ones - blog -

<< FFTA2とASH 注意 >>