FEZ パットでプレイしてる方へ。   

2007年 01月 23日

今回はパットでプレイしてる人向けに記事を書きたいと思います。
(右のメニューに追加しておきます)

この間クエさんに「スキル選択を逆順にする方法はないのか…」と言われまして、さらに乙さんのblogのほうでも同様の悩みを持っていたようで、他にもFEZやってる方でパットプレイな人は知り合いでも数名いてると思うので、いい機会だからパット設定について自分が知るうる限りの小技等を記してみたいと思います。
(ここではPS2のコントローラーを使ってるという前提で説明します)

最初に記しておきますが、この設定方法は厳密にいえば"クライアント改ざん"にあたる行為にもなります。よく言われてる"音楽の差し替え"と同様の行為ですので公式的にみるとかなりグレーゾーンです。ただし、設定ファイルをみる限りでは、知識が多少ある人なら「自由に好きなように弄ってください!」といわんばかりの設定項目の数ですので、ゲームポット側としても、黙認というレベルではないかと個人的には思っております。が、しかし規約にはひっかけようと思えばひっかかる行為ですので、この件で生じた問題等は自分のほうでは一切責任を負いません。あくまで自己の判断、責任で宜しくお願い致します。

さて、前置きが長くなりましたが本題に入りたいと思います。
パットでプレイしてる人の悩みでよくぶち当たるのが

1.マウスに比べてカメラの速度が遅い。
2.スキル選択にリバースがついていない。
3.キーボード上のボタンにはあるショートカット機能がパットでは使えない。

等々。特に1,2に関しては誰もが思うことである上にパットやる上で一番の悩みです。このせいでパットよりマウス+キーボードのが優れている。とおもわれていますが、実際この3つに関してはすべて解消することができる悩みになってます。

ではまずどこで弄ればいいのか?
だいたいの人は普通にCドライブにクライアントをインストールしてるとおもうので、Cであればたいがい
C:/Program Files/Gamepot/FantasyEarth/SettingsのフォルダにINPUT.iniというファイルがあるとおもいます。
自分みたいにDにインストールしてる方はこれにあてはまらないので注意してください。(他のドライブにいれてる人はその辺余裕でわかってるとおもいますがw)
このINPUT.iniのファイルがパット設定のファイルとなっています。

※注意点としては、このファイルは一度デフォルトのパット設定を弄らないと作られないので、ファイルがないという人は一度デフォルトのパット設定をしてみてください。


このファイルを適当にメモ帳あたりで開いてください。
まず"カメラの速度"から説明したいと思います。

カメラの速度設定:
弄る項目は

MANIPU_CAMERA_UP = SCALE=0.14, ACCEL=1.7
MANIPU_CAMERA_DOWN = SCALE=0.14, ACCEL=1.7
MANIPU_CAMERA_LEFT = SCALE=0.14, ACCEL=1.7
MANIPU_CAMERA_RIGHT = SCALE=0.14, ACCEL=1.7


この文字列のところを弄ります。
SCALEがカメラ自体の速度にあたり,ACCELがそのカメラの加速度にあたります。

つまり、静止状態から動かした瞬間の速度はSCALEにあたり、動かしつづけると速度はACCELによりどんどん速度を増していきます。ACCELの数字は大きければ大きいほど短い時間で動きが速くなります。

一般的には速度が遅いと思えばSCALEを弄ります。初期の0.14はマウスに比べてもわかるとおり、激しく遅いカメラ速度となっています。ただこれには理由があるので後ほど書きます。
いきなり1あげるとビビるぐらい速度があがってしまうので、弄るときは0.01単位で弄ってみてください。最初は0.6になるだけでもかなり早いと感じてしまうとおもいます。
ACCELに関しては効果のほどや弄り方が微妙にわかりにくいとおもいますので、よくわからなければ0にしても特に問題はありませんが、後ほど書く小技にはこのACCELが重要な意味を持ちます。

さて、SCALEの数値を上げて速度を弄ってパットプレイしてると、「確かに早くなったんだけど…」と少し不満を感じる場合がありませんか?
たぶんたいがいの人が思うとおもいますが、SCALEの速度を上げると

微妙なカメラ操作が非常にやりにくい…

特に遠方に見える敵ほど微細なカメラワークが必要となるのですが、恐らくほとんどの方が右アナログでのカメラ操作をしてるとおもいます。エイムモードの十字の中心をほんの1mm横にずらしたいとちょっと横にアナログを倒すのですが、いきなり1cm動いてしまう。そういう経験が必ずでてくると思います。と同時にこれがコントローラーの欠点とおもわれがちな部分にもなってきます。

これの理由としてはまずFEZのクライアント自体がアナログの微細な動きに対応していないというのが1点であり、またSCALEの数字が大きいというのも問題になってきます。
まず前者の問題としては、一般的な家庭用PS2ゲームソフトやFF11のクライアントのように「コントローラーを前提」として作られたゲームではなく、あくまで「コントローラー対応」となっているだけですので、FEZの場合はアナログを少し傾けたらそれに比例して速度が落ちる。というそういうのには対応されていません。十字キーのボタンみたいに「横のボタンを押した」同様にアナログを横に倒した。という単純な認識しかしないため、アナログといえど上下左右のボタンが増えた程度に考えたほうがよいです。

後者であるSCALEは上でも書きましたとおり「動いた瞬間からの速度」ですので、ボタンをチョンと押したとしても、いきなりこのSCALEの速度に達してしまうため、この数字を大きくしすぎるとチョンと押してもいきなり数cmも横にずれてしまうという現象が生まれます。
初期設定である0.14という遅い速度は「そういうことがないように」という公式の初心者に対しての配慮でもあったわけです。

ただ、慣れてくるとこの0.14という遅さはやはり厄介なものです。とはいってもSCALEの単位を上げてしまうと微細な動きがやりにくくなる…だから間をとって0.5とか中途な速度にするか…と妥協するのはまだ早い。

ここで重要になるのがACCELです。
初期の1.7でははっきりいって遅すぎてACCELの意味がよくわからないとおもいます。(これもSCALE同様公式の初心者に対する配慮だとおもいます。)
これは動かしてる時間に比例してどんどん速度があがるというもので、カメラ操作で同方向にそんな長時間動かしっぱなしということはほとんどないため、SCALEと違い一気に1単位づつあげるぐらいしないと効果を体感できません。

ではこれをどのように活用するのか?というとSCALEで速度を上げると前述の通り、微細な動きがやりづらくなるので、SCALEの数値をあえて0.1~0.4などの遅い速度にします。ただ、これだと大きなカメラ操作に対しては速度が遅くなりますので、ここでACCELの数値を大きく設定します。思い切って5~6ぐらいにしてみるといいでしょう。

するとどうでしょうか?動きだしは速度が遅い為、数mm程度動かす微細なカメラ操作はSCALEの数値の低さが生き、また大きな動きにはACCEL値が大きい為、一気に速度があがりなんの不満もなく一瞬で思い通りの速度まで上がるとおもいます。

パットプレイ=エイムモードというシステムを考えた上で
微細な動きをするというのは画面中央の十字に近い距離にしかないので、これをSCALEの数値を低くすることで対応し(ほんの数mmの場合速度は必要としない。)、大きなカメラ操作をするときの速度はそのSCALEの数値の低さをカバーするためにACCELの数値を大きくするのです。

さらに小技として上下方向、Y軸に関しては↑の小技と少し状況がかわります。
左右の動き,X軸に対しての動きは物凄く多い上に動作時間、距離が非常に長く、そのため速度も重要となってきます。その為↑のような設定にするのですが、それとは逆にY軸の動きというのはそこまで距離も必要としない為速度にそこまで大きくこだわる必要がありません。
その為Y軸に関しては速度を上げることより微細な動きを必要とする数値がもっとも適切となります。
なので、SCALEの数値を遅くもなく、また早すぎずな数値で自分の動かしやすい速度に設定したのちに思い切ってACCELの数値は0にします。
ACCELをいれてしまうと速度が加速してしまうので、固定速度よりやはり微細な操作がしにくくなります。特にY軸は先ほどもいいましたが、操作距離が短い為、細かな動きを重視した設定のほうがやりやすくなります。そのためACCELをいれると速度が安定しないためY軸動作の微細な動きに対応しにくくなります。

さて、ここで申しわけないのですが、例を出すと乙さんの設定の例。

MANIPU_CAMERA_UP = SCALE=1.25, ACCEL=1.3
MANIPU_CAMERA_DOWN = SCALE=1.25, ACCEL=1.3
MANIPU_CAMERA_LEFT = SCALE=1.25, ACCEL=1.3
MANIPU_CAMERA_RIGHT = SCALE=1.25, ACCEL=1.3

SCALEの数値が大きく、ACCELの数値が低いです。
これはどういう動作になるかというと、SCALEの数値が高いため、初期から結構高速な動きをしますが、そのせいで返って微細な動きがしにくくなります。ただ、速度が早い為、中距離の対応は早いのですが、ACCELの数値が低いため結局大きな動きの速度はそこまで早いわけではない。
尚且つY軸の操作も同様の設定にしてしまってるので同じ感覚で動かすことはできてもX軸以上に微細な動きが重要になるY軸の動きがよりやりにくいものとなってるとおもいます。

(ただこれはこの設定を批判するものではないことを言っておきます。自分も一時期はこの設定でしたし、本人がやりやすい設定にするのが本来の目的のため、これがやりやすい場合は自分の説明の限りではありません。乙さん例に使用させてもらってすいません。)

で、今までに説明したことを設定した例が↓

MANIPU_CAMERA_UP = SCALE=0.55, ACCEL=0
MANIPU_CAMERA_DOWN = SCALE=0.55, ACCEL=0
MANIPU_CAMERA_LEFT = SCALE=0.40, ACCEL=6.5
MANIPU_CAMERA_RIGHT = SCALE=0.40, ACCEL=6.5

これは自分が今現在使ってる設定です。SCALEの単位を小さくし、速度に関してはACCELに頼っています。SCALEに関してはまだ数値を小さくし、ACCELの数値をもう少しあげようかと最近はおもってます。とにかくSCALE=近い距離の微細な操作を重視 ACCEL=180°回転させて自分が思ってる速度で180°回転した速度で設定しています。
Y軸に関しても説明したとおりACCELは0にしています。前まではY軸にもACCEL設定しててめちゃくちゃやりにくかったのですが、0にしてSCALEの数値も低くしたら驚くほどやりやすくなりました。

一度是非騙されたと思ってこの設定でプレイしてみてください(`・ω・´)b

この設定に至るまでに2ヶ月ほど試行錯誤して、個人的にはPS2のコントローラーでやってるなら一番やりやすいんじゃないかと自負もしてます。一番アナログコントローラーっぽく動く設定だと思ってもおります。
ただ、この今までの文章すべてにおいて、あくまで"やりやすさ"を追求した説明であり、人によってはこの設定がやりにくいという方も恐らくおられることと思います。最終的には個人の好みの問題、味付けになりますので、今までの説明は参考程度に留めてもらえれば幸いであり、また嬉しく思います。

1,の説明が物凄く長文になりましたが、続いて2の説明にもいきます。

パットのデフォルト設定ではスキル選択が上から下への一方通行しかなく、プレイ中にヤキモキした方も多いと思いますが、この設定は非常に簡単で

SELECT_SKILL_BACK =

の文字列に設定したいボタンを入れるだけです。これで下から上に上がる選択も可能となります。
また、これ以外にもよくみると細かくボタン設定ができると思います。これを利用すれば3の問題も解消されますし、デフォルトでは設定できないアイテム拾うボタンなども変更することも可能なのです。

小技としては、ゲーム内マクロを活用して、マクロに武器変更マクロを仕込み、パットのほうでそのマクロのボタンを設定します。例えばそのマクロの武器変更で弓から短剣に変更したとします。そうすると弓のスキルというのは使えなくなるためわざわざスキル選択を変えなくてはいけないのでその動作が勝機を逃すことすらFEZでは珍しくありません。なので武器変更と同時にスキルも短剣の場所まで移動すれば…というのも実は全然可能です

単純な話設定としてはまずマクロを仕込んだと場所とスキル選択の2つをひとつのボタンに設定すればいいだけの話なのです。
つまり、

SHORTCUT_1 =NONE
SHORTCUT_2 =NONE
SHORTCUT_3 =NONE
SHORTCUT_4 =NONE
SHORTCUT_5 =NONE

SELECT_SKILL1 =NONE
SELECT_SKILL2 =NONE
SELECT_SKILL3 =NONE
SELECT_SKILL4 =NONE
SELECT_SKILL5 =NONE
SELECT_SKILL6 =NONE
SELECT_SKILL7 =NONE
SELECT_SKILL8 =NONE


のとこでボタン設定を同じにするだけです。
例えば、武器変更マクロを1に仕込み、短剣スキルはスキルの上から2番目にあるとします。
そうするとSHORTCUT_1とSELECT_SKILL2のボタンを同じにすればいいのです。

このようにひとつのボタンで2つの動作をさせることも設定次第では可能なのですが、
スキル選択と同時に発動というような組み合わせはできないようになってます。ものによっては組み合わせが不可能な組み合わせも存在するため、利用する場合は必ず設定した後にテストすることをおすすめします。


さて、非常に長くなりましたが、これを活用すればパットプレイでもキーボードプレイに勝るとも劣らないぐらいやりやすくなると思います。
ただ、ボタンの多さなどからどうしてもキーボードプレイのほうが有利な一面も持ち合わせてます。
しかし、FEZの場合それが有利なのか?といわれれば決してそうではない。結局の所"動かしやすい"方法をしてる人が有利でありそしてウマイと思います。

変則的なやり方としてはキーボード+パットという方も存在してますので、今までの説明をあくまで一例や参考程度に留め、自分のやりやすいプレイスタイルを考えてみてください。



07.01.24 追記。
カメラ操作についての追記になるのですが、FEZの場合アナログでも一般の家庭用ゲームのようなアナログの操作感にならず、ボタンを押したようなものになると記述しましたが、
よりアナログに近くなる方法があったので記述しておきます。

とはいっても非常に簡単なことで、INPUT.iniの

NORMAL_CAMERA_UP =NONE
NORMAL_CAMERA_DOWN =NONE
NORMAL_CAMERA_LEFT =NONE
NORMAL_CAMERA_RIGHT =NONE


のNONEの部分を
MANIPU_CAMERA_UP
MANIPU_CAMERA_DOWN
MANIPU_CAMERA_LEFT
MANIPU_CAMERA_RIGHT


の部分のボタン設定と同じように記述してください。MANIPUの設定はNONEにしてはいけません。
カメラ速度に関しては今までと同様の場所で設定します。速度に関しては個人の好みですが、自分がやってみたところではACCELを0でSCALEを2ぐらいがやりやすかったように感じましたが、試行回数が少ない為この辺は個人の判断で変えてみてください。

さて、この設定にすると、アナログを少し傾けたら傾けた角度に比例して速度が変わるのですが…残念ながら自分で試したところでは

2段階の速度変化しか感じられませんでした。

結局のところ一般的なPS2の家庭用ソフトのようにアナログにダイレクトに反応してくれるような動作にはなりえませんでしたが、よりアナログ操作に近くなったのは確かです。

ただ、やりやすいかどうかでいえばまた別問題となってしまいました。


というのも、この2段階の速度変化は遅い速度からいきなりSCALEで設定した最高速まで変化します。この差があまりにも急激なのでやりにくいのです…
(ちなみにACCELを設定してる場合さらに速度変化が急激だった為尚更やりにくくなりました…)

ACCELで設定した速度変化は滑らかに加速する為、速度変化にも対応しやすいのですが、この設定ではそれが対応しにくいのが問題となった感がありました。

途中でもいいましたが、自分自身としては試行回数が少なかった為、やりやすい設定を見つけられなかっただけかもしれません。2段階とはいえアナログっぽい動きなのは間違いなくこの設定ですので、今のカメラ操作に納得がいかない方はこの設定を試してみてはいかがでしょうか?
またやりやすい設定など見つけましたら報告してもらえると幸いですm(__)m
[PR]

by diehappy | 2007-01-23 16:45 | Fantasy Earth Zero

Beautiful Ones - blog -

<< FEZ パット設定の追記 FEZ 修正パッチ感想。 >>