FEZ 修正パッチ感想。   

2007年 01月 22日

本日、自身がすごい期待を寄せていたマップの配置修正がきました。
戦争はまだ体験してないので見た目だけでの感想になりますが、少し書いてみたいと思います。

地理的な問題で全部を見ることは不可能なので、あくまでみた範囲で書きたいと思ってます。また、同形マップでも場所によってはクリ配置が違う場合もあります。(例えば中央大陸のダガー島とエル本土にあるスキュラ海峡。同形マップですが、クリ配置が大きく変わる為,場合によっては同形でも攻め方が変わるかもしれません。)

まずフィールドのマップの配置変更から触りたいと思います。
大きく変更されたのはエル,ホル間とエル,中央間ですね。
ホル,エル間はエル側が圧倒的に防衛有利なマップだったため、これがイーブンになるような配置にされてます。(ロッシ、ルードは同形のマップになりました。)
また中央大陸では隕石型マップが密接してる区域があった為か、今まで隕石型マップであった数エリアが隕石型から変更されてます。
この辺の修正はわりと満遍なくいろんなマップで戦争が楽しめるような修正になったんじゃないかと思います。

次に戦争に大きく影響のあるマップのクリスタル,キャッスルの配置変更。
前回の日記にも書きましたが、攻撃有利のマップがほとんど修正されてます。特に超攻撃有利であった渦巻き型マップであるガバセントは中でも一番大胆な修正がされたんではないでしょうか?
今までとは真逆+やや中央よりのキャッスル位置になっています。実際戦争やったわけではありませんが、見た感じ隕石型マップと似たような攻め方になるかもしれませんね。中央のクリは登るまでに時間がかかる上に高低差も激しいので、中央での戦闘はあまりなさそうですね。クリ配置を考えるとH3やA6付近をしっかり押さるのがポイントになりそう。個人的にはかなりイーブンなマップになったと思います。

セルベーン系のV字マップもキャッスル位置が前より前進。クリ配置自体はさほど大きくかわらない為攻め方自体は前までと同様かと思います。ただ、キャッスル位置が前にでたことにより、攻撃側のキープ位置が残念ながら後退しなければならなくなったので、その辺がどうなるかですね。キャッスル位置は前よりやや南東にずれた為、南の展開は早くなりますが、北の展開がどうしても前より遅くなるので、前以上に両軍共に北への展開が重要だと思われます。
見た目ではやや防衛有利か?って感じがします。

ワーグノス系の棚田マップは攻撃側がよくキープ位置にしてた場所にキャッスルがきてます。ほぼ中央に位置してると考えていいですね。クリ配置的にはやや攻撃側が有利か?という感じがしますが、オベの展開は防衛のが楽そうな印象。ここは実際やってみないと個人的にはなんともいえませんね…

ウォーロック系の渓谷マップはセルベーンと同様でクリ配置は似たようなものです、キャッスル位置がやや前進。ただここはいきなり攻めてなんとかなる!とかいうマップではない為ここは前までと同じイーブンなマップとなりそうです。

ニコナ系の街道マップはキャッスル位置自体は同じでクリ配置だけが変更となっていました。前はクリ配置的に攻撃側がやや有利な感じでしたが、今の配置では全体的にクリ位置がやや中央よりとなってます。クリ付近で小競り合いが起こりそうで、このマップも前よりかなりイーブンなマップになったと思います。

最後にダガー島。ここだけピンポイントで修正を受けたみたいですが実際なにが変わったのか自分にはわかりませんでした…w
相変わらずクリ配置的に中央を制した国が勝つ!というマップになってます。


とりあえず、軽く見た感想はこんなところです。あとは実際戦争体験してみてからまたレポートしたいと思います(`・ω・´)b
[PR]

by diehappy | 2007-01-22 21:58 | Fantasy Earth Zero

Beautiful Ones - blog -

<< FEZ パットでプレイしてる方へ。 FEZ 22日のアップデートが... >>