幻想水滸伝5 2周目   

2007年 01月 12日

なにげにハマってる自分がいるようです。クリア後すぐに2周目に入りましたよ…(*´д`*)
1周目は攻略情報一切みずにやったので今回は攻略情報(2chまとめ)を見ながらやり込み気味に108星集め、Happy end目指してやっています。

1周目は王道でいくか~!って感じで女王騎士だけを集めたファレナパーティでいきました!
じじいキャラのガレオンがたまらんぐらいカッコイイ(*´д`*)
しかも防御系で固めたら鉄壁なのがまたたまらん。が、得意レンジがMなので前衛に配置できないのが泣き所(⊃Д`)
壁役なのに前衛に配置できないこの中途半端さがまたたまらん魅力です(*´д`*)

同じ女王騎士のミアキスは能力的に一見弱そうなんですが、紋章を3つ自由につけれるのでかなり味付け次第で最強から最弱、魔法タイプまで自由にできると思います。

ゲオルグは弄らなくても前衛最強キャラ。クリティカル率が異常でした(*゚∀゚)=3





あくまで自分の推測ですが、
最後までカッコイイ敵キャラであったゴドウィン親子。
ギゼルのほうは結局サイアリーズへの想いからサイアリーズのやりたいことを自由にやらせ、
またサイアリーズの想いどおりの結末にギゼルがもっていったんではないかと思ったりします。

親のマルスカールのほうは国より太陽の紋章のほうに目がいってしまい、王子達がソルファレナに攻めてきたときに「自分は太陽の紋章に心を奪われてたから負けて当然」と気がついたんではないかと考えてます。
そして最後に太陽の紋章を王子達と戦わせたのは「王子達がこの国を納めることになっても太陽の紋章の力に打ち勝たねばファレナの未来は同じことの繰り返し」と考えて王子達に太陽の紋章と闘わせたのではないかと思ってます。
(なぜあれがラスボスか?の後付けみたいなものですがw)
マルスカール自身が結果自決のような形になったのも、国を思ってやったことだったが、結局は国を戦乱に導いただけという結果への罪の意識からではないかと思ったりもしますが

あと黎明の紋章が王子に宿したのはゲーム的に主役を特別な存在という意味がもちろんありますが、元々太陽の紋章を押さえる役目もかねている紋章なのでその太陽の紋章を押さえるのに一番近い人物は王子だったのは間違いありません。あと王族ってのもありますしね。

黄昏の紋章がサイアリーズにいったのも王子と同等だと思います。王族なのと王子の黎明の紋章に一番近い人物だったはずです。
サイアリーズ→リオンに黄昏の紋章が移動したのが一番納得いかないことだと思いますが、これも黄昏の紋章が黎明の紋章と同等の効果をもつ紋章なのと黎明の紋章と相互に力を発することで太陽の紋章を押さえる力になるのであれば、サイアリーズの次に王子に一番近い人物であるリオンに宿るのは筋が通ってるように思います。

すべては結局自分の推測です(´・ω・`)
[PR]

by diehappy | 2007-01-12 22:02 | オフラインゲーム

Beautiful Ones - blog -

<< 幻想水滸伝5 やりこんだ日記 幻想水滸伝5 >>