cβF 休憩中の両手ヲリ。   

2006年 12月 02日

前線で戦う両手ヲリはほぼ360°常に警戒してないといけません。
後ろに仲間がいるとおもって安心してたらハイドスカにパニされて乙ることも多々あります。

そのためか、楽しいのは楽しいんですが1戦終わったあと非常に疲れる(;´Д`)
そしてその疲れて休憩してる間にこの日記を書いてるわけなんですがね…w

さて、嬉しいことに兄貴と乙さんもお試し?でプレイしてくれるので是非戦場で出会いたいものです(`・ω・´)b
そんな二人は両手ヲリに感心があるため、少し両手ヲリのことを書きたいと思います。





両手ヲリ…タイマンではハッキリ言ってかなり強い。もっとも苦手とする片手ヲリだけは厳しいですが、それ以外ならプレイスキルでどうにでもなるので、タイマン限定ならかなり強い部類だと思います(どの職もタイマンという条件の場合プレイスキル次第で苦手職を覆すことは可能です。)
ただ、乱戦や少人数で強いのか?といわれればそうでもない。味方の援護なしでは決して攻めれない職です。もちろん自分からつっこんでいっても構いませんが100%カモにされるだけ。
あくまで冷静に状況を読み、倒せる敵を的確に倒していくことが重要だと思います。

対片手ヲリ:はっきりいって相性は最悪です。つっこんでくる片手自体には恐怖はありませんが、自軍をうろうろして、突っ込んできたヲリに的確にバッシュ決める片手はほんと脅威の一言。
敵陣でバッシュを決められる=集中攻撃に合うのはほぼ死ぬと考えて良いです。
はっきりいって両手ヲリでは決して戦ってはいけない職といえます。対処の仕方としては遠隔攻撃のソニックブームでチマチマ削るしかありません。つっこんで勝負を決めるのはカモです。

対両手ヲリ:同じ職なだけに間合いがかなり重要。焦って先に攻撃したら確実にカウンターが決まります。両手ヲリとタイマンの戦いになった場合レベル差が大きく開いてない限りは結構膠着すると思います。かなりにらみ合いが続くw
乱戦時は仲間の片手ヲリがいればその人にバッシュいれてもらってそっからボコると(・∀・)イイと思います。

対短剣スカ:これも片手同様に近寄ってはいけないジョブ。近寄れば弱体系を入れられ、遠距離職のカモにされてしまいます。アムブレをいれられれば攻撃ができず下がるのみ。レグブレがはいれば鈍足のため追撃され、ガドブレは防御値がほんとにカスになるので、最低の攻撃力である弓でもかなり痛いため、遠距離攻撃で死ぬ確率がグッとあがってしまいます…
短剣スカは基本遠距離攻撃ができない為、ソニックブームで対処すれば一方的に殺せます。距離を置いて戦うことが非常に重要となります。
ちなみにハイブリの場合は弓に持ち変えてくる場合もありますが、そのときの対処は↓で

対弓スカ:はっきりいって一番相性が良い職。遠距離から攻撃されるため一見苦手のように見えますが、こっちは仰け反り無効のスキルがあるため、食らいながらでも距離を詰めてやれば一気にカモにすることが可能です。中途半端に引くことが一番×。基本的にストスマで懐にはいってしまえばあとはスマッシュで倒すのみです。ある程度それでも倒しにくいうまい相手の場合はソニックブームで倒してもおkです。スカの場合、ダメージボーナスがあるため両手のソニックブームは一撃で100↑いくのでスカにはかなり痛い攻撃となります。

対炎皿:これも弓スカ同様ですが、ヘルファイアという上級魔法が痛すぎるので、できれば真正面からは攻めない。ただ、相手の詠唱が見えた瞬間ストスマで攻撃すれば詠唱を潰して懐にはいれる場合があるので、懐にはいってしまえば弓スカ同様スマッシュ等で倒すのみです。

対氷皿:片手同様少し苦手な相手。というのも氷皿は足止め系に優れるため、懐にはいりこんでも足止め放置とかザラです。氷皿だけはほんとに難しい…ソニックブームで対処…したいとこですが遠隔攻撃なら相手のが上。素直に味方にまかせたが無難かもしれません。

対雷皿:弓スカの次ぐらいに相性がいい職。炎ほど火力がないので懐にはいりこんでしまえばカモにできます。

ただ皿三色共に言えることですが、高レベルになると氷の足止め魔法を軽く取得する型があるため、氷系の魔法を使う相手の場合は要注意してください。

ということでスキルシミュレーターおいていくので試してみてください(*゚∀゚)=3
http://feskill.omiki.com/
[PR]

by diehappy | 2006-12-02 02:27 | Fantasy Earth Zero

Beautiful Ones - blog -

<< cβF むかつく氷皿 cβF オープンβ開始決定! >>