cβF 1日目(2)   

2006年 11月 18日

cβの1.5倍ぐらいの人数になってる気がします。そこら中「戦争中」の旗が立ってて非常に活気のある状況ですね。ちなみに我がじじいの国エルソードは相変わらず不人気国です…w
そのせいか目立った人物もいなく、戦争もわりとみんな団結して穏やかにプレイできてます!昨日の心配も杞憂だったようでよかったです(*´д`*)

さて、どうしても自分はレベルが高い人間になってしまう+操作に慣れていない新規には負ける気がしない状況。レイプはしたくないので、(というより強いやつ倒してこそ快感でしょう?(*゚∀゚)=3)できるだけ低レベルを虐めてる高レベルをカウンターで殺して援護ばっかりしてました(*´д`*)
e0080379_3582230.jpg

ウホ…与ダメランキング4位になっちまった(*゚∀゚)=3

しかし↓の日記にも書いてますがパニッシング→アムブレのコンボは鬼のようです。今まではヲリに手を出すと必ずしっぺ返しを食らうハメになってましたが、今ではパニ後アムブレいれて完全にヲリを無効化にできますね…楽しすぎる(*´д`*)

新規の人は当然ヘタで当たり前なんですが、そのヘタさをみることで自分も勉強させられることもあります。特に逃げ方。「あぁ…こういう逃げ方するとさっくり弓あてやすいんだなぁ…」と逃げ方がヘタな自分には物凄く為になったりもしました(*゚∀゚)=3





このゲームの場合、火力=戦力ではありません。前線で戦う人より裏方をやってくれる人のが重要だったりもします。

特に重要なのがクリスタル掘り。ひたすら掘って輸送してくれる方に預けることで大きな貢献となります。しかもクリ掘りはランキングがあるため、これを延々と掘るだけでも経験値にボーナスがあるのである意味与ダメージとかで経験値ボーナス狙うより賢い選択とも言えます。

ただ、やはり戦争ゲーなので戦いたい…って人が多いのが当たり前。しかしレベル差でなかなか思うように戦えない…という人は「召喚」がマジおすすめ。
(前にもいいましたが召喚という名ですが正確には「変身」です。)
召喚は3すくみの関係だけは引き継ぐもののレベル差は皆無になるので低レベルほど出てくれるとありがたい戦力になります。特に召喚は戦況を大きく変えることのできる存在なので役立つという意味では最高の戦力でしょう。

召喚の種類は
ナイト:
馬に乗れるので足が速く、クリ輸送にも向いてる。
特徴は召喚に強く、歩兵に弱い。主に敵ナイトとの戦闘、味方召喚の護衛などのために数がいればいるほど有利。歩兵を倒そうと思うのは無理。ただし詠唱妨害やクリ掘りの妨害などはできるので場合によってはPCに粘着もあり。攻撃は小、大攻撃があって基本的にナイトvsナイトの場合先行攻撃したほうが不利になる。また2vs1ではほぼ1のほうに勝ち目もない。プレイスキルに自信があればそれも押しのけれますがねw

ジャイアント:
遠距離砲台の召喚。
特徴は相手の建築物に大ダメージを当てれる。戦争を有利に運ぶための要。
基本的にはナイトと同様で歩兵に弱いため、はっきりいってPCを倒す能力は皆無。完全に相手陣地にある建築物を壊すための存在です。こいつをうまく使うことによって戦況が大きく変わります。移動速度がべらぼうに遅いため必ず護衛にナイトをつけないと敵ナイトにあっさり殺されます。ナイトが必要といわれるのはこのジャイをうまく運用するためのものと考えてください。

レイス:
上記2召喚と違って対PC用の召喚。攻撃能力自体はそこまで大きくないのですが、闇等の状態異常能力が物凄く、乱戦時にはかなりの効果を発揮し前線を押し上げることが可能。攻め、守りともに要ともいっていい召喚です。

あとはキマイラやドラゴンなどの召喚もありますがこれは特殊なため省きます。
初心者がおすすめで味方からも「初心者でもいいからでて欲しい」といわれるのは間違いなくナイトです。むしろ初心者だからこそやって欲しい。上手くなって欲しい!という願いも込められてます。ナイトの運用はなかなか奥深く、特に対ナイト戦では先に攻撃したら負け。というかなり焦れる戦いになります。ただ、それをすることで味方ジャイの護衛になってる場合が多々あるので十分でもあります。
ちなみにナイトで対召喚に攻撃した場合一撃で500↑があたるので、与ダメージランキングにもはいりやすかったりもします。

とりあえずびくつかずに召喚はマジで経験してみてください。地味に面白いのでおすすめです!マップによっては苦手なとこもあるでしょうから、歩兵のときに苦手なマップのときに召喚をやる。ってのが自分のスタンスですw

さて最後に歩兵の話。↑ふたつでは納得いかずどうしても歩兵で戦いたいなら少なくともPOTはケチるな!ということです。道具屋にあるおすすめって書いてるやつは10個セットで(持てる上限)1000GOLDと物凄いやすいのでこれを最低限もっていけばすぐ死ぬってことはないでしょう。特に戦争は「死ぬ」ことが一番よくないことなのでチキンでもいいからヤバイ!とおもったら即下がることです。最悪クリ掘りを兼ねて回復するのも大きな貢献になります。

職別にいうと、
ウォリアー系はとにかくツッコミすぎないこと。逃げてる敵を追いまわすより相手から切り込んできたやつを仲間と一緒にたたくのがいいと思います。逃げたら高レベルや後衛陣に任せるのが正解です。またジャンプの回避行動は着地地点が読みやすい為×。必ず回避行動はサイドステップにすることです。サイドステップは一瞬無敵時間が存在するのと、もし攻撃を食らっても転倒するのがポイントです。転倒後起き上がりは数秒間無敵になるため生存率が高まります。サイドステップする理由は避けることより最悪ダメージを食らっても無敵になることを理由にしてることが大半になります。

スカウト系は簡単に活躍するなら弓のアローレイン。これを撃ってるだけで味方ウォリアーは動きやすく、また敵皿の詠唱を止めることが可能です。短剣スカははっきりいって茨。パニッシングがあったとしても高レベルの場合ダメージが落ちるので「一撃必殺」になりにくい。どうしても短剣でいきたいというのであればこれ取る以外はないと個人的には思います。アムブレとかとったところで地味に当てるのがむずいので初心者のうちは当てれないとおもいます。
(というのも自分も命中率まだまだ低いのです(´・ω・`)

皿系はもともと後方支援型のため団体で行動してる限りそんなに死ぬ!!ってこともないでしょう。基本は敵ウォリアーに向けて魔法をうち味方ウォリアーの援護。また注意としては凍ってる敵を溶かさないこと。凍ってるのはウォリアーなどの火力ある職に攻撃してもらったほうがいいからです。注意としてはHPを半分以下には絶対しないこと。ハイド状態のスカウトが余裕でパニッシング狙ってきます。HPを高い状態に保つことで「一撃必殺」にならないことから狙われにくくもなります。とにかく皿の場合団体行動とHPの高数値維持は必須です。

長々と書きましたが結局の所は習うより慣れろ!クリックゲーではなく自分のプレイスキルがモロに反映されるので結局はこうなっちゃいますw
[PR]

by diehappy | 2006-11-18 04:31 | Fantasy Earth Zero

Beautiful Ones - blog -

<< cβF 2日目 cβF 1日目(1) >>