初心に帰る。   

2006年 04月 27日

グラナド・エスパダ(以下GE)をお試しにするとともにHPのほうも初心に戻って
冒険記をしっかり記していこうと思います。

今後こちらのblogでGEのことを書くときはシステム面など気になったことを書いていきたいと思います。
htmlのほうは冒険記を(゜▽゜)

http://bones2.hp.infoseek.co.jp/ge/index.htm
↑はグラナドのプレイ日記へ直リンクです。


さて、ちょいとやってみた感想ですが、とにかく画質は素晴らしいです。
NPCのキャラも濃いし、クエスト情報のほかに人物、歴史情報なども
NPCからの話で刻まれていくので、NPCの話を聞くだけでもなかなか面白いかもです。

ただ、なんとなくですが会話シーンやら会話の感じが大航海時代オンラインに
めちゃくちゃソックリな気がします。大航海もさわりしかやってないので
なんともいえないですが…自分はそう感じましたねぇ(゜ω゜三゜ω゜)

肝心の戦闘システムですが、韓国ゲーにありがちなクリックゲー的な感じを
思ったよりも感じさせない作りになってますね。
仲間が1人じゃなくて複数なので、自分はプレイヤーとして動くわけではなく
司令官?のような気持ちで「こいつにはこれを攻撃させて、あいつには回復を」
とか指示を出していく感じで、単調になりがちなクリック作業が軽減されてるような気はします

戦い方もめんどうなクリックではなく、「この付近にきたものを攻撃」とか
「ここにいくまでの間の敵を殲滅しながら進む」みたいな指示も出せるので
クリックで手が疲れる・・・とかいうのもやや軽減されてます。
(もちろん従来のクリック戦闘も可能)

ジョブ系のシステムに関してはいまのとこよくわかりません。
スタンスという、いわゆる剣道でいう型みたいなのもあり、同じファイターでも
防御系、攻撃系などに変更したりできるようです。

あとは空に飛んでる敵は遠距離、又は魔法でしか攻撃できないなど
自分のチーム編成を多いに悩ませる要員にもなってます。


このゲームはプレイヤーで個性を出すのでなく、チーム編成やスタンスなどで
個性を出していくゲームではないでしょうかね。


とりあえず今触りやったとこでは、好感触です。少し続けてみたいと思います。


グラナド・エスパダの冒険記はこちら。


ちなみに、ルビー鯖のチャンネル#1(チャンネルの意味がまだいまいち理解できていませんが)
で家門名「カラ-」でやってます。-の棒線はーを変換して使ってるため、wisを送るさいは注意してください。別のカラーの方に届く場合もあるかも?

自分への確認の場合は「大阪最高!」っとwisください。
[PR]

by diehappy | 2006-04-27 19:03 | オンラインゲーム

Beautiful Ones - blog -

<< 第二話更新。 グラナド・エスパダ >>