PC F1 2011(Steam版) キャリアモード 2年目:ザウバー Rd.9 『イギリスGP』   

2012年 12月 12日

e0080379_2247243.jpg
※難易度、オプション設定の詳細はこちら
<<前戦Rd.8『ヨーロッパGP』

前の更新から3週間近く空いてるのに驚きました…更新するの忘れてただけで、ちょっとづつ、相変わらずスローペースだけど、100%ディスタンスで楽しみたい!というスタイルで遊んでますが…F1 2012がある種、100%強制みたいな仕様になってるから、11はほどほどにしようかな悩み中…w(もう1年もゆっくり遊んでるので今更ですがw) 少なくともシンガポールGPは50%以下でやります。100%だと2時間近くになるのでw


コース図
e0080379_20323826.jpg

- 概要 -
2011年…からですよね?(2010年だったっけ…?w)ピット改装&コントロールライン変更と共にコース自体も改修が施され、今のような高速サーキットになっています。オールドファンでは今だに「見慣れない」という違和感を感じる声も聞かれるw

F1では数が少なくなってきたオールドサーキットの一つとして根強い人気がある。



- 攻略 -
低速コーナーが片手で数えるほどしかなく、大半が高速のコーナーであり、レース中はエンジニアから「ブレーキを暖めろ!」という指示が何度も飛んできますw

走ってて物凄く面白いサーキットなんですが、高速コーナーのすべてが非常に難しく、はっきりいえば自分は苦手なサーキットの一つです。

コントールラインは「クラブ」コーナー立ち上がりすぐに設置されており、予選用のKERS全開スタートが切りにくく、この時点である意味すでに厄介である。
ホームストレートを抜けると右の高速セクションの「アビー」。ステアの切るタイミングが非常に重要で、ちょっとでも早すぎるとインに激突。遅いとアウトに膨らんでタイムロスと最初のコーナーから非常に難しい…

新「アリーナ」低速セクションにはDRS区間があるが、開けっ放しで通過するのは難しく、2回開閉するか、安全にストレート立ち上がってから開けるかは悩み所。

旧コースのインフィールドとなる「ブルックランズ」は軽くブレーキを当て減速しながら回りこむ。

そしてシルバーストン難関の「コプス」がやってくる…感覚的にはスタート直後の「アビー」に似てはいるのですが、こちらのほうがスピードに乗ってる分さらにシビア。綺麗にスピードに乗って曲がるラインは一つしかないでしょう。それ以外は大きく減速かアウトに吹っ飛ぶ。
ただし、F1 2011の場合、ここでコース外にでてもさほどデメリットがない為、少しぐらいの膨らみなら問題はない。

ここを抜けるとさらに超難関であり名物の「マゴッツ」「ペケッツ」「チャペル」の高速のS字がやってくる。ここは燃料搭載量やタイヤの磨耗具合、タイヤのコンパウンド等でそのアプローチの仕方が刻々と変化していくせいでコレ!といった攻略がなかなか掴めなくて難しい… ちなみに自分も今だに模索中で超苦手なコーナーの一つです…

セクター2で上手くつめることができればその次の「ハンガー」ストレート、「ストウ」がオーバーテイクを容易にさせてくれる絶好のポイント。最後の「ベール」シケインもオーバーテイクが可能だが、コース幅も狭くリスクは高め。できるならそれまでにオーバーテイクしたい。

シルバーストンのコーナーはどれも「失敗が許されない」…取り戻しが効かないです。ある意味全部のコーナーが繋がってるような感覚で、手前でミスれば次もタイムを失う…ということが続いてリズムが崩れてしまいがち。ここを上手く走るにはただただ走りこむしかないでしょうね…

セッティングシート
e0080379_227121.jpg
周回数/天候
予選
決勝

100%
ウェット/ドライ
ウェット/ドライ

エアロダイナミクス
フロント
リア

ウイング角度
10
11

ブレーキング
フロント
リア

バランス
48
52

空気圧
中(高でも可)

ブレーキサイズ
スタンダード

バランス
フロント
リア

アンチロールバー
9
9

サスペンション
フロント
リア

車高
1
2

スプリングレート
9
10

ギアボックス

1速
142KPH

2速
174KPH

3速
205KPH

4速
235KPH

5速
270KPH

6速
302KPH

7速
343KPH

アライメント
フロント
リア

キャンバー
-3.20
-1.40

トー角
0.13
0.47


(※エキサイトはtableが使えない仕様で、上記は表のように見せてるだけなので、環境によっては酷く崩れてる可能性があります。)

今回はセッティングに不満なしですが、もうちょっと詰めれるかな?少なくともリアキャンバーはネガティブすぎたかもな~って所。自分がネガキャン気味のセットが好きなんでこうしてますが、ちょっとリアの踏ん張りが良すぎた?っと

ウイングは雨を見越して立ててます。ドライなら寝かせます。

予選
e0080379_21174499.jpg

Q1:1.38.390 13位 インターミディ
Q2:1.31.035 1位 オプション(路面はウェットからドライへ)
Q3:1.27.582 4位 オプション


Q1は完全ウェット。インターミディで走ってたんですけど…まー下位御三家がおせぇし譲らないし…で最後の最後までトラフィックに悩まされたせいでかなり危なかったです…

Q2は走れば走るほどタイムが上がっていく路面状況だったんで、本当はプライムでQ3にいきたかった所ですが、万一それで落ちたら最悪なので安全策でオプションアタックしたら1位通過でした…w

Q3は最初の新品オプションはアタック失敗。オーバーシュートしました…急いで二つのニュータイヤ投入しましたが、セクター2のコプスからの流れが本当に苦手でこんな感じ…ぶっちゃけ遅いw
すべて上手くはまれば26秒台は間違いなく出せるし、上手い人なら25秒台乗っかるんじゃないかな…1周がまとめられない自分の腕が憎い…

Q3セクタータイム↓
e0080379_2118384.jpg




決勝
e0080379_2125488.jpg

降水確率20%なんだけどなぁ…w

途中から雨はあるかも?と予想してたらまさかスタートから雨とは…オプション→プライム→プライムで考えてたから、この時点で作戦は崩れた上に、オプション新品1セットも残してないのも失敗した…全部3周オールド。

Q1はスタート直後も4位のまま前を追走。インターミディのレースペースが良かったんで前をさっさとパスしたかったんですが、2位のフェラーリと3位のレッドブルがテールトゥノーズでやりあってるせいでなかなかチャンスがないし、無理にいってオーバーラン…を繰り返してるうちに1位のシューマッハが徐々にギャップを広げていくという状況。

タイヤもそろそろ交換かな?ってところで雨が止むぞ!というラジオが入った為、ドライタイヤ履ける程度までひっぱることにする。

タイヤの温度もオーバーヒート気味になりつつあったんで、そろそろドライか?というとこで1周判断を誤る。ライバル勢より1周多く周回したせいで、この時点で4秒近くロスすることに…
e0080379_2134046.jpg

タイヤの磨耗具合はこんな感じ。ギリギリまでひっぱってる分、1周遅かった分がかなり痛いロスに繋がった…

第2スティントはオプション。1周遅れた分はタイヤ温度という形でさらに差を広げる…そして路面も徐々に乾きつつあるという微妙な所でイマイチどこまで踏み込んでいけるのか?というのが把握できなかった為、レースペースも良くなくて、リズムに乗れるまでに前とのギャップが10秒差に開きました…

32週目にピットインでプライムに変更。これが最終ピットで後はコース上でなんとか勝負!「さすがに10秒は無理かなぁ…」と思ってたんですけど、なんかプライムのレースペースが物凄く決まってた!そのおかげで毎週1秒近く詰めていけたんで、残り10周残すあたりで3位のウェバーに追いつきパス。2位のアロンソにはややてこずったものの綺麗にオーバーテイク!
ここまでは綺麗にいけたものの、その時点で1位のシューマッハとのギャップはもう絶望的でした。

e0080379_2141352.jpg

2位という結果は上々ではあったけど…今回は完全に作戦ミスですね。
第2スティントが明暗を分けました。インターを1周長く走ってしまっただけで、かなり大きな差になってしまったし、オプションも新品ではなく3周オールドしかなかったというのが交換間際で響いた。

第1スティントで上手く前に出れていればまた話は変わってきたんですが…うーん今回は仕方ないかな。
けど、これぐらい限界ギリギリのレースが出来たのは非常に楽しかった!ギリギリ追いつくか?無理か?という瀬戸際とシルバーストンという面白いサーキットでのレースは最高に楽しくて、100%でも終わった時は物足りないぐらいでした。ヨーロッパGPは独走だったから疲れしかなかったのになぁ…w
[PR]

by diehappy | 2012-12-12 21:46 | PCゲーム

Beautiful Ones - blog -

<< PC F1 2011(Stea... PC F1 2011(Stea... >>