デスクトップメモリ交換。やっぱ4GBは不足だった。   

2012年 10月 25日

e0080379_2204748.jpg

BF3がメモリ4GBではやっぱり厳しいんで、増設することに。
今までは騙し騙しやってたんですけど…面倒すぎるw
(OSとBF3だけなら4GBでカツカツでなんとかいけるけど、通常は他常駐もあるのでそういうわけにはいかないw)

というわけで、最近はDDR-1600が主流になってきた上にかなり安いんで、ケチって不便な思いするよりは数千円払って増設することに。
BF3だけじゃなくて、通常時でも使い切ることがままありましたので。ゲームだけなら騙し騙しのままやってたかもしれないw


というわけで今回買ったのはコレ。
e0080379_2383560.jpg

CFD-ElixirのW3U1600HQ。いわゆる安メモリですねw
メモリは今までも定格運用しかしたことないし、+メモリって正直今でも容量以外の部分ではイマイチわかってないんで、ハイエンドメモリ購入した所で豚に真珠だと思ってるんで、そんな自分は安メモリで相性や信頼性に問題なければそれでokという感じです。
なので、今まではTranscend(交換前はJM1333KLUの2GB×2です。信頼のエルピーダチップでしたw)を愛用してたのですが、今回は初めて別のメーカーにしてみました。

主な理由ですが、最近のDDR-1600安メモリはCL11が多い中で、これはCL9なのと、xmpの設定つかわずで、つけたままでも1600で認識するという点でこれにしました。あとヒートスプレッダ付き(背も高くない。)
CL9だからどうやねん!といわれてもぶっちゃけ体感はないでしょうからCL11でもまったく問題はなさそうですけどねw 他と変わらない値段なんだからこれでいいでしょうと。


ちなみに…8GB(4GB×2)にしました。 正解は間違いなく16GBだと思います。
なんで8GBにしたかというと…どう考えても16GBも使いこなす方法が思いつかなかったもんで…w
RAMDISK運用でもいいんですけど…それは別に8GBでも余裕あるので、16GBで大容量RAMDISK!ってそもそもRAMDISK使うことそのものが自分の中ではメリットあまり感じないんですよね…SSDあるし。

そうなると価格差3000円が気になりだしたわけですw
6000円出すならもっと品質のいいメモリのがいいんじゃない?とか上を見始めたり・・・ね。
結局今回は必要分のみの購入といった具合。相変わらずの貧乏性ですw


さて、このメモリですが、xmp設定使わずでもDDR3-1600で認識するとは言いましたが、どうもそのままだとCL11、1.6Vで動いてるようで、これでは公称のスペックとは違う。というか1.6Vて…
結局は定格運用はしっかりxmpのプロファイル1の設定を使わないとダメみたいなので注意してください。これでCL9、1.5Vになってます。
e0080379_23323980.jpg

CPU-Zでも確認。

あとレビューとかプロファイル2を使えば簡単に1866に設定もできて動くみたいです。軽OC程度なら問題ないようですね。
電圧も1.4Vぐらいまでは落として運用できてるっぽいです。それらを見る限り安メモリにしてはそこそこ遊べるみたいですね。


で、とりあえずMemtest+86回した所エラーは吐かなかったのでひとまずは安心かな。Prime95も一応回す予定です。
交換前に1333と1600で差はでるのか?というベンチをやらなかったのが失敗でした…w
まぁゲーム系のベンチではそうかわらんだろうとか思ってたら、レビューでFF14ベンチでスコアが300あがったって人もいますが…300ってちょっと大きすぎないだろうか…
[PR]

by diehappy | 2012-10-25 21:00 | 駄文

Beautiful Ones - blog -

<< AMD Catalyst 12... PC バトルフィールド3[BF... >>