任天堂 Wii U 発売日と価格発表!   

2012年 09月 13日

e0080379_1928541.jpg

2012年12月8日発売!

年末に捻じ込んでキター!
今年か来年かには発売するよ~とあやふやに耳に残っていたんで、いざ発表されて今年で12月8日…「もう3ヶ月後かよ!」ってことに驚いてます。

e0080379_19324858.jpg

「Wii U」発売日と価格のお知らせ(ニンテンドー)

価格はベーシック(白)が26,500円 プレミアム(黒)が31,500円と価格は安い!とはいえないけど、高くもない妥当な値段では?という印象。
ベーシックとプレミアムですが、本体の差異では内蔵ストレージメモリの差が8GB,32GBと結構大きな開きがあります。この部分は交換できるのかどうかが気になる所ではありますね。あるいは外付けで増設か。その辺はちょっと調査不足です。

付属品の差は
・Wii U GamePad 充電スタンド 1個
・Wii U GamePad プレイスタンド 1個
・Wii U 本体縦置きスタンド(黒) 1セット


充電スタンドはともかく、プレイスタンドや縦置きスタンドは見るからにショボイw
あとNintendo Network Premiumというサービスが2014年まで提供されるそうです。詳しくはニンテンドーにて。

地味な所ですが、今ハードからニンテンドー初のHD解像度対応ということで、ちゃんと「HDMIケーブル」が同梱されてるのはヨシ!反面、アナログのAVケーブルは同梱されてない面は注意。とはいうものの地デジ化後のハードですから、HDMI使えないって家庭も少なくなってるでしょう。

Wii用のコントローラーですが、Wiiのものが流用できるみたいなんで、すでに手持ちの方は追加購入不要です。


ニンテンドーのツイッターの方で本体スペックのことを呟かれてます。

主に気になったツイートは
・720pのHD解像度だけでなく、1080pのフルHD解像度にも対応。グラフィックプロセッサーの処理能力をグラフィックス処理以外の色々な用途にも使用する、GPGPUにも対応している。

・Wii Uは、ゲームのために1GB、システムのために1GB、合計2GBのメインメモリーを搭載。システムに大きなメモリを割り当てることで、ゲームを中断せずに、Miiverseやインターネットブラウザーなどの機能をスムーズに利用できる。

・Wii Uでは、独自規格の光ディスクを採用。容量は25GB。メインメモリーの大容量化に伴い、読み出し速度は一秒あたり最大22.5MB。

・Wii Uは、性能を向上させる一方で、消費電力を抑えた省エネ仕様。定格消費電力(その機器が持つすべての機能が同時に最大限に動作している状態での消費電力)は75W。実効的な消費電力はおおよそ40W程度。


次世代機ということでPS3、360を凌駕してるのは当然として、意外と消費電力が小さいことに目をひきました。
定格消費で75W。普通に使う分にはおよそ40W程度。これはいいですね!
PS3や360の初期版だと200W近いですからね…w 今の型でもゲーム中で150Wぐらいだったはず。PS3に至ってはXMB待機状態でも100Wと今時のPCのアイドルよりもかなり高いです。
+液晶テレビってことも考えると案外電気喰いなんですよねゲーム機って。

後、個人的に気になるのは動作音かな。360はディスクうるせー!PS3はファンうるせー!なんで仕様公開の際には是非ここも載せて欲しい所です。

360は日本限定ではかなり寂しい、SCEはPS3はまだいいとしてもVitaが不調な上に最近はなかなかミリオン出せるタイトルがなく、ここの所寂しい。3DSはダメだと思ってたら、価格改定で一気に人気をかっさらっていきミリオンタイトルを作り出したりと…Wii Uにも期待したいというかニンテンドーには是非またゲーム業界盛り上げていって欲しいですね。


さて…自分の個人的な感想ですが、発表される前までは正直あまり興味なかった。んですけども、価格的には全然ありだな!と感じたし、コントローラーなどニンテンドーらしく独自なもので、これからのソフト次第じゃ面白いですよね。ソフトがこなれてきたあたりで是非購入したいとこですね。
そもそもWiiだけ手元になかったんでそれ目的なのもあります。(据え置きでWiiだけなんでないの?って聞かれると、兄が買ったからだよ!といつも言ってますw 発売日に自分も列に並らばさせられてまで買ったからなぁ…当時は人気すぎて抽選だったんです。)

ベーシックとプレミアムどっちがいいか?という選択ですが、これ付属品のみの差だったなら「カラーで選んでいいんじゃない?」と言えたんですが、内蔵ストレージの差が意外と大きいんで現状だとプレミアム一択かな。ただ外付けや交換で出来るってことなら拘らなくていいと思います。

今年の秋冬はあんまり楽しみなゲーム業界じゃないな~とか夏前は言ってましたが、いや~実際訪れてみるとなんだかんだで気になる情報やゲームの発売などあって楽しみになってきました。
[PR]

by diehappy | 2012-09-13 20:27 | オフラインゲーム

Beautiful Ones - blog -

<< マルチ 『F1 RACE ST... F1 2012 360に体験版... >>