Win PC版ラストレムナント 乱殺マニアクス 『そして世界は血に染まった』   

2012年 04月 08日

e0080379_21265618.jpg

手くいってしまったので無事今週中(昨日)に終わってしまいましたw
今回は白の覇王戦を!

e0080379_271348.jpg

当初は武器を最終強化にしてから挑もうと考えてたのですが…ドラゴンの逆鬣だけあまりにも面倒すぎて
これを必要とするキャラは何人か最終までもっていった所で力つきました…w

アイテム自体はドロップ率低くはないんですけど、ドラゴン種ってのが時間かかる…クローキグ湿原で3体沸くのでそれを5分置きの再POPでやれば問題はないんですけど…時間かかるし戦闘は育成かねれないぐらい弱い相手なのでつまらないのが致命的でした…

その点超古代遺跡は育成やりつつなので楽しかったのはよかったw



そんなわけで一部キャラは一歩手前の強化に止まりましたが、HPが8000~9000台になってたので「これはもういけるだろう!ってことで挑戦してみたところ…

e0080379_2114369.jpg

HP点滅までもっていけたけどギリギリ…

これはエミーの百花繚乱に託すしかない!頼むぞエミー!!


e0080379_2133014.jpg

フォトンフィールドで百花繚乱見事に回避されました…w

               ___
             /:::     \ 白の覇王クラスともなると運打開なんてなかった。
           /::::::::::     \
          /::::::::::         \
          |:::::::::::::::         |
          \::::::::::::::       /ヽ
           /:::::::::        くゝ  )
          ;|::::::::::::          / ;
          ;|::::::::::::::       イ ;


とにもかくにもモラル維持が致命的に悪すぎた…開幕以降ほとんど真っ赤でHP9000維持しようが真っ赤だと一撃でもっていかれる事故死が多かった…これはしっかり対策練る必要あるな。

というわけで今度はダメージよりもとにかく戦術を優先し、モラルを高く維持できるように努めます。
ただモラルが高くても覇王の元々の攻撃力は非常に高いんでHPの維持と同時にやるのはなかなかつらい…ので開幕でロックアップ、サイド二つを取ったのちはその3ユニオンに完全に任せる戦術をとります。

e0080379_219382.jpg

なんとか1ターン目は上手くいった!この時点でゴール公のとこが余裕あったので以後はゴール公のユニオンがロックアップ係です。

とにかく時間はかかるが耐えて、モラル維持を優先でなんとか事故死もなくHP点滅までもっていけたところで…


e0080379_2204539.jpg

これはヒドイことになったw
あまりにも耐えること優先してたらAPが貯まりにたまってユニオンモラルが高くなった所でWAが3つも出るという鬼のようなコマンドがでてしまった…w

フォトンフィールドは恐ろしいがこの時は余裕があったのでWAに賭けてみる。


e0080379_2241874.jpg

22万当てた上にWA二発残して…完全なるオーバーキルですw

いやぁ~白の覇王しっかり対策練らなきゃいけない相手で非常に面白かった!HPは最低でも7000台はいりますねこれ。

e0080379_226830.jpg

編成はこのような感じ。BRは95でした。



e0080379_227114.jpg

HPはヤーマ入れてるとこはやっぱり頭抜けて高いです。とくに今回はゴール公のとこが3人で9000台のHPということでロックアップ係としては最高のユニオンとなってくれました。



e0080379_2291834.jpg

アクセサリが技系でもこのHPの伸びよう…ゴール公はガチの強キャラですねぇ…w
一番HPあるのはボルソンの3699という値でしたが、これは腕輪装備ありです。ビルギースでHPが伸びてるとはいえ、耳飾とベルト装備できて尚且つHPが伸びるのが最高に素晴らしい。
+ビルギースのWAはユニークアーツ扱いですからね。クラスはともかくファンブルも起きにくいしリーダーに据える器です。


このすぐ後にロスレム戦いったわけですが…こちらはあまりにも拍子抜けしたのでガッカリでした。
その模様は次回に!
[PR]

by diehappy | 2012-04-08 02:38 | PCゲーム

Beautiful Ones - blog -

<< PS3 バトルフィールド3[B... Win PC版ラストレムナント... >>