360 アサシンクリード プレイレビュー   

2011年 07月 23日

e0080379_2335337.jpg

白騎士から続く、積みゲー消化3個目!
8月に発売になるシリーズ続編のブラザーフッドのDLC付き廉価版に興味持ったので1からプレイ始めました!

これも少し古いゲームになりますが、とりあえずレビュー!
ひとまずの感想ですが…

なかなか面白い!のは最初だけ…

ちょっとゲームとしての面白さは薄いですね。それでもこのゲームから受けた最初の衝撃はなかなかでした。




■Good!! 箱庭のグラフィックや質感、キャラクターの動きなどグラフィックは文句なし!

これは素直に衝撃でしたねぇ。1191年頃の中東の街並みを再現した美麗なグラフィックにはまず驚かされます。箱庭ゲーということもあってその壮大な景観の大部分が当然ながらゲームのフィールドになるわけですが、さらに驚かされるのが、建物という建物が動き回ることのできるアスレチックフィールドなんですよね。

建造物はちょっとでも凹凸があれば登ることができるんで、移動に関しては制約がほっとんどないという点には驚かされました。「あ、ここ登れそう」というとこはもちろん登れるんですが、「これいけるのか?w」という疑問が出る程度のちょっとしたでっぱりですら登れてしまいますw
ここは歩けない、移動に使えないという場所が全体でみてもほとんどないというのはプレイしててもなかなかに面白く、序盤だとただ登ってジャンプしたりして街を走り回るだけでも十分に楽しんでしまえます。


そしてそれら景観部分じゃなく人間の動きやその服の質感なども凄くリアルに再現されてます。
NPCに関してはどうしても簡略化されてるところはあるんですが、主人公キャラクターの動きには人間らしさがそこかしこに出ていて、登り方の動き一つとってもかなり細かく、建造物によってその動きが変わっていたのには感動しました。

髪や服の質感などもかなりリアルに表現されてて、女キャラクターの白シャツには薄っすらとブラ透けされてるなどの妙な拘りは良い意味でやりすぎですw
リアルという点では生活観もちょろっと出してて、日にちが経つとトイレットペーパーが減ってたりしますw

グラフィック面は現在のトップといわれるようなゲームに対してもまったく引けを取らないと思います。




■Good!! 海外ゲームらしく、核となる"暗殺"方法は自由。

このゲームの面白いところは暗殺が誰もが想像しやすい闇に隠れて、静かに殺す"忍者"スタイルじゃなくても良いということ。アホみたいに真正面から斬りこんでもまったく問題なかったりしますw
もちろん忍者のようなスタイルも可能ですが、このアサシンクリードに関してはそういう忍者的な印象はかなり薄いです。白昼堂々見せしめのようなこともありますし、広義な暗殺になってます。

暗殺までに持っていくプロセスも基本的には自由です。ある程度決まった情報収集にはなるんですが、それをどの手順でもいいですし、全部済ませる必要もなく、暗殺に最低限必要な情報が揃えば暗殺にもっていくことが可能になってます。

暗殺には相手が自分に気づいていない又は反撃できない状況では一撃で仕留めることの出来る「アサシンブレード」、チャンバラのような白兵戦の「剣」、遠距離攻撃の「投げナイフ」、高所から落とす「投げ」など基本的には直接自分の手でのみ殺すようになっています。

特に気持ちいいのはやっぱり「アサシンブレード」による一撃必殺!これがこのゲームの醍醐味だと思います!この武器一つとっても殺し方に複数のパターンがあります。





■Bad… ゲームとしての面白さは序盤ですべて出し切ってしまう…

上記の二つで最初は走り回れるフィールドに「これすげー!」と感動したり、暗殺面では「どうやって殺そうか…」というドキドキ感などで「これめちゃくちゃ面白いゲームだな!」って思うんですが、これを2,3繰り返した時に気が付きます…序盤とまったくやることが変わらないことに。

というのも暗殺までに持っていく"ミッション"のバリエーションがあまりにも少なく、しかも同じことを繰り返させるので中盤からは作業感を半端なく感じることになり、ゲーム序盤ですでに飽きがくる。
もう少し暗殺にもっていくパターンを増やして欲しかったですね…支部に行く→情報ミッション2~3こなす(この情報ミッションのバリエーションが3個ぐらいしかない。)→暗殺。の手順のみなのはさすがに面白くなくなります。





■Bad… 音声が日本語のみ、字幕なし。

日本語音声が悪いわけじゃないです。これだけ見ればGoodだと思います。主人公の声はキャラクターに合ってますし、NPCなんかも海外版にはないセリフ音声が入ってたりもします。

ただ…字幕は欲しかった。聞き取りにくい場面もあるんで(盗聴時に物乞いがきたら最悪w)日本語だとはいえゲームには字幕が欲しいです。

あとはやっぱり英語音声欲しかったですね~あちらのゲームなんで日本語よりもあってると思います。どうしても日本語音声には違和感を感じる部分がある。





その他のポイント。

ストーリーなんですが、この時代の宗教や歴史などなかなか難しい(特に宗教面は最初に注意書き表示するほどナーバスなもの)テーマを扱ってて、「なかなか面白いなー!」と思ってたとこで最後がズコーw
正直これは「うーん」と思いましたねw ただあくまでも序章として、続編に続くシナリオなんで先が楽しみな引き方はしますので…まぁギリありかな?w 最後はあまりにも飛びすぎたかなぁw

その反面というか、主人公キャラクターのアルタイルは文句なしでカッコ良い!スタート時には高慢なキャラクターで仲間の意見も聞かず任務に大失敗してザマァwwwという点だけでもキャラクターとしてはなかなか面白いんですけど、そんなキャラでもその芯は「正義」が原動力になってて、民の幸せのことを一番に考えてるんですよね。
身体能力の高さとかもカッコ良い部分なんですけど、セリフの言い回し一つとってもカッコ良さが滲みでてますw 特に終盤の性格のイケメンさといったらもう…濡れますw





ボリュームは実績をこなすかどうかで大きく変わる。

自分の場合は途中で「あぁ作業に飽きたしさっさとクリアしよう」と思ったんで最初こそミッションを丁寧に全部こなしてたんですけど、最終的には必要最低限のみになってしまってクリアだけを目標にしたので10~20時間ぐらいだと思います。(プレイ時間表示がないのでアバウト)
最初からクリアしか考えてなければ10時間ほどでクリアいけるかと思います。

実績を意識すればミッションをすべてこなさなければいけないし、旗の収集など面倒なのもあるので恐らくは30時間は越えてくると思います。実績を意識して遊ぶなら結構な時間楽しめると思います。






総評 微妙ゲーかな?

序盤の面白さは本当に凄かったんで、楽しめないわけじゃないんですけど、ゲームとしては底が浅いので本当に最初だけって感じになっちゃうんですよね…+してストーリーが最後でずっこけちゃうんで、いろいろ半端なゲームになってるな~というすでにある世間のレビューとほぼ同じ感想です。

2以降はビックリするほど評価挙げてるのでこれからシリーズやるぞ!って人にも自分としては1はおすすめしにくいですね…とはいえストーリーが繋がってるので、できればやったほうがいいんでしょうけどね…

今なら1000円ほどで買えるからアルタイルのカッコ良さ見たさだけでも価値はあるかもしれませんw
[PR]

by diehappy | 2011-07-23 01:05 | XBOX360

Beautiful Ones - blog -

<< 3DS 価格改定 1万値下げの... PS3 アニメ放送中のアイドル... >>