PS3 Another Century's Episode:R クリア後プレイレビュー   

2010年 11月 10日

e0080379_9575531.jpg

超今更ですが、書いてないことに気が付いたので軽めにですがレビューを書いておきたいと思います(゚∀゚)
ま、自分自身のゲームクリア備忘記録代わりということでw

とりあえず『アナザーセンチュリーズエピソード:R』の簡単な感想としては

2000円切ったら買ってもいいんじゃね?

   / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
  / ―   ― \
/   (●)  (●)  \
|     (__人__)      |
\   mj |⌒´     /
   〈__ノ
  ノ   ノ



・前作以上にストーリー性を重視したことによるテンポの悪化。
好きな人には好きなのかもしれませんが、今作はアドベンチャーゲームのようなバストアップ絵による紙芝居イベントが非常に長い。 3でもクリア後の会話が長いとは思ってましたが、それ以上に長く、キャラ同士の自己紹介だけで何十分とかかる時にはさすがにゲンナリ。
また、ステージ中の会話もわざわざプレイを止めてまで会話させてプレイテンポの悪さの原因の一つとなってる。3まで同様にもっとステージ内、プレイ中に会話させればいいんじゃないか?という程度のことがとにかく間に入って鬱陶しい。


・3から大きく変わったシステム、操作性は賛否両論
個人的には今回の操作方法の変更自体はわりかし気に入ってるのでいいのですが、システム面での"テンション攻撃"は明らかな改悪だと思います。
これのせいでサブウェポンなどの使用頻度は明らかに減ってしまい、基本的には撃つ、斬る、つかむの3パターンの行動しか行えず、それがどの機体でも同じようになってしまうので機体を変えても違いがあまり感じられず機体変更の楽しさが少ない。

新システムのチェイスモードも蓋をあけてみればしょっぱいガンシューティングもどき。またこれがつまらないくせにアニメのマクロスFのクライマックスシーンに使われていて、せっかくの熱いシーンが超絶面白くないステージになってる。

今作は全クリアの為に11周する必要があるが、前半以外は中盤にちょっと分岐がある程度でかなりの水増しボリュームになってる。しかも11周を前提にしてるわりに"スキップできない""長いイベントシーン"があるのがストレスを倍増させている。


・進化したグラフィック・・・ただし微妙・・・
個人的にメカのグラフィックは動いてればHDになったこともあって綺麗で超カッコイイ!でも同時にジャギもかなり目立って「もっとがんばれよ・・・」って部分も感じる。同じフロムのロボットものであるアーマードコア4と比べると明らかにアーマードコアのが"綺麗に魅せてる"努力を感じる。

ただ最低ラインはクリアしてるので悪くもなければ良くもないといった程度かな?って思います。
でもブーストかけたときの演出は好きでしたw


・BGMにカスタムサントラを使えるようにしたのは○
ゲームそのものには関係ないものの、ステージの音楽を変えられるようにしたのは今作最大の良ポイントと言えると思います!特にマクロス系は原作でも多種多様のBGMが使われてるので、自分でそういうシーンの再現ができなくもないです。

そもそも収録されてるBGMがオリジナルもの以外はかなりショッパイものになってるので、(例えばアクエリオンの有名な曲はしょっぱいインストにされている・・・)それを手持ちの原曲に変えれるのは素直にありがたいw


・総評 Rになって良かった点は新規参戦があったぐらい。
誰もが期待していたマクロスFやまさか参戦するとは・・・というコードギアス、スパロボ等 新しい参戦があったぐらいで、それ以外は前作の3よりも明らかにつまらなくなった。1周目だとあまりにも変わりすぎたゲームに新鮮さを感じ、それなりには楽しめるものの2周目からびっくりするぐらい面白くもなければやる気もなくなるし、ストレスも貯まり続ける。11周前提にしてるなら周回プレイにはもっと工夫が欲しかった・・・

1周目クリアはだいたい20時間ぐらいでしたが、半分ぐらいが会話イベントだと思います・・・とにかく今作は会話がなげーという記憶だけが残った残念ゲームでした。
[PR]

by diehappy | 2010-11-10 21:24 | PlayStation3

Beautiful Ones - blog -

<< NDS シャイニングフォース・... PSP タクティクスオウガ 運... >>