ネトゲ ドラゴンネスト プレイ日記 1日目 アーチャー:Lv.8   

2010年 06月 06日

e0080379_18223927.jpg

e0080379_10233074.jpg

ドラゴンネスト始めました。

サーバーは予定通り「バルナック」サーバーで、キャラ名は「ハイパーヨーヨー」です('∀`)
アクロバットという名前から連想してコレになりました(;゚∀゚)=3

ちなみに女キャラですが…このゲーム、職と性別が固定なんです('A`)
e0080379_1185924.jpg

こんな感じで最初に選べるこの4人の性別、職業は固定。グラフィックは多少弄れますが、個性を出すのは難しい。
ただ、有料アイテムで外見を変更できるものを用意してるっぽいので、ハンゲームということで課金はアバター方面に力を入れていく可能性はありそうです。

ちなみにですが…キャラグラフィックははっきりいってそんなに綺麗じゃないです…w
最初見た時は「アレ?テクスチャ間違って最低にしたっけかな?」と勘違いするほど微妙ですw
アンチエイリアスガリガリかけても大して変わりません('∀`)
e0080379_11145221.jpg

↑はイベント時の自キャラ。これはわりと見れたもんですが、ゲームプレイ中がヒドイw
正直PSPレベル…というとちょっと酷すぎるかもしれませんが、そう言ってもおかしくない。

ただ勘違いしてほしくないの、ひとつひとつ見るとしょっぱい気はするんですが、
全体で見ると不思議と結構綺麗なんですよ。


e0080379_11201757.jpg

なんて表現すればよいのかな…ミニチュア風っていうのかな?
『きかんしゃトーマス』の映像の見せ方に似てるような感じがしましたw
SSは撮れなかったんですが、このステージのボス戦の場所はそういう意味ではちょっとしたグラフィックですよ!なんかほんとにミニチュアが勝手に動き出して戦ってるような感覚。


戦闘ですが、これがなかなか面白いね!良く出来てる。
最初こそ「操作性をTPSにしたゲームか…」程度にしか思いませんでしたが、
スキルが増えてくるとこれはコンボゲーだということに気がつきました(゚∀゚)

スキルの組み合わせでコンボをどうするか…というのは当然ありますが、
このゲームはオンゲーでは珍しく、スキルを途中でキャンセルすることもできるし、
スキルを発動しても実際の発射までに向きを変えればちゃんと向いたほうに発射してくれたり
スキル発動後にもかなり自由に動ける時間が設定されてます。

また通常攻撃にも2種類あって、メインの通常攻撃と特殊攻撃。
マウスで操作してる場合は左クリックが通常、右クリックが特殊といった形。
例えばアーチャーの場合は左だと弓攻撃を行いますが、接近された場合弓では戦いにくいので
右クリックの特殊攻撃で回し蹴りを行い、敵をぶっ飛ばして距離をあけたり
状況によって通常攻撃ですら使い分けができる(゚∀゚)

当然コンボにも組み込むことができて、スキルで打ち上げ→落ちて来るときに回し蹴りでふっとばし→弓で追撃。

決まると超気持ちイイ(゚∀゚)

コンボを繋げることでステージの評価もよくなりますし、戦闘も当然楽になります。

また、ダウン時には起き上がる時左右に転がったり、立ち上がりに攻撃などどことなく格闘ゲーっぽさもあるw
とにもかくにも思った以上にTPSアクションゲームです。FEZよりもさらにプレイヤーの力量、センスが問われますね。キャラ性能自体は強くしても自身が上手になければなんの足しにもならない。

なかなかに良くできたいい素材のゲームですね。コンシューマーゲームをやってる感覚で遊べていけます(`・ω・´)b

ステージクリア時には評価が出るんですが、上記の操作を上手くできなかった頃↓
e0080379_1139460.jpg

最初こそ「Bランクはまぁ普通レベルじゃね?」とか思ってましたが、実際は低ランク(;´Д`)

スキルの特徴等把握し、操作も鳴れてきてコンボを60とか繋げれるようになると…
e0080379_1141711.jpg

トリプルS('∀`)

ほんとやってて爽快感があってなかなか楽しいね(*´Д`)
でも狩りばっかはさすがに飽きるので早いとこPvを経験したいものです…


というか、アーチャーだけどほぼ接近戦な戦い方してるんですが…w
ロングボウは通常攻撃でたまに溜めが入るので使いにくく、射程の短い連射の効くショートボウを愛用してます。そして、蹴り攻撃始点('∀`)

やっぱアクロバット向きってことかしら…w



いろいろ感想ですが…話通り1キャラあたりのプレイ時間はすごいライト。
初めて動かしたこともあり、最初にいろいろ設定やら動作等に戸惑ったり、序盤のチュートリアル、初心者クエストなどをこなしつつでも1日の疲労度(疲労度とは各ステージに入る為に必要なもので、これがなくなると狩りができなくなるので、実質レベル上げ、クエスト等がその日はできなくなります。)は3時間ほどで消化できました。
PTプレイだと疲労度の消化が少ないそうなので、疲労度を効率良く使いたい人はPTプレイが推奨のようです。
(まだ始まったばかりで同時接続数も時間によっては2万を超えてるらしいので、ゲーム内でのPT募集は活発でした。)

疲労度には週間疲労度というのが上記の1日の疲労度とは別に設定されてて、1日の疲労度を使い切った場合この週間疲労度が使用される模様。その名の通り、1週間を通して使用できる疲労度で、じっくり遊べる時間が取れる時など1日の疲労度ではやり足りない人用といった形ですね(゚∀゚)
ちなみに1日の疲労度は毎朝午前4時に回復。週間疲労度は毎週土曜日の午前4時に回復だそうです。
疲労度を効率よく消化したい人はこの4時までに消化しないといけないようです。深夜帯プレイヤーの人は大変そうだ…w

この疲労度は1キャラ毎に設定されてるので、ヘビーにやる人だと2nd、3rdとキャラを作ってるようです。元々PvPを主と考えれば、複数キャラもってたほうが楽しめるのは間違いないかと思います。ただそうなるとゲーム内でのレベル差を少なくしたいのか、ネトゲ依存への抑制にしたいのか、目的がやや曖昧なのが気にはなります…前者だと逆に1年後とかに始めた場合、トップに追いつくのに何ヶ月とかかる要因になるだろうし(まぁその時には序盤をあがりやすくするということで解決という手もあるかな?)
後者ではヘビーユーザーはすでに何キャラも作ってるのであまり意味がない。+してPvPは疲労度を消費するわけではない為、Pvを主と考えれば何十時間だって遊べてしまう。
あと仮に課金アイテムで「疲労度回復」なんかが出た場合なんかはプレイヤーにとってはまったく無意味な数値であり、ただ不便なだけの銭搾取システムになりかねない。

とまぁ疲労度に関しては現状こんなところでしょうか?
疲労度でのプレイ時間に制限はないよりはあったほうが良いと私的には思いました。
ちょうど「止め時」をあちら側で示してくれるので「今日はここまで~」とやりきった感があるw
ネトゲ(専用に限らず、対応の対戦ゲーとかも含めて)は調子良い場合なんか「もうちょっと…もうちょっと…」とダラダラと続けたりと自分の場合はよくあるんで、少なくとも狩りに関してはこのように制限を設けることで依存症への抑制には十分繋がる気はします。ヘビーすぎるのはどうしようもないと思いますが、少なくとも中堅プレイヤーあたりには効果ありそうな気はします。あくまでないよりは~ですがw


ライトといった意味はこれだけではありません。ゲーム自体も凄くライトに遊べるつくりになってます。
ドラゴンネストはステージクリア型のMORPG…和製ゲームでいえばPSO、PSUシリーズの作りにソックリのゲームで、ゲームの流れとしては「パーティー部屋作成→攻略したいステージを選択→難易度選択→ステージ開始→ステージクリア→各プレイヤーごとに報酬」とパーティープレイする人は最初のメンバー集めに時間はかかるでしょうが、ステージ自体は1回あたり10分~程度で終わるものです。これの繰り返しで疲労度を消化していきます。

このように「1回あたりのプレイ時間」がそれほど長くないので、短時間プレイヤーでも十分楽しめる仕様になってます。


最後にゲーム動作スペックですが、4人PT制なのもあって、狩り自体は推奨スペックがあれば余裕だと思います。この先のアップデートでどうなるかわからないのでどっぷりやる人はもちろん余裕持たせるに越したことはないですが、とりあえずやりたいだけならCPUもCore2Duoぐらいで十二分ですし、グラボも今投売りされてる9600GT(間違えて8600GTって書いてました…すいません)ぐらいで十分じゃないかな?と思います。自分のRADEON HD4770では余裕です。
今は人が多いこともあって街中は推奨じゃやや重く感じるかもしれませんが、ゲーム自体には支障ないと思います。
ただメモリ2GBはほんとに必須なレベルじゃないかな…1GBでは絶対厳しいです。
できれば余裕持たせて3GBは積みたい。OSがXPならこれ以上積んでもあまり効果ないので積みすぎも注意を…w

少なくとも今のFEZの戦争を問題なく60FPSで動かしてるスペックの人は余裕ですw
自分がそうなんで保証しておきますw
[PR]

by diehappy | 2010-06-06 11:44 | オンラインゲーム

Beautiful Ones - blog -

<< ネトゲ ドラゴンネスト プレイ... ネトゲ ドラゴンネスト始めよう... >>