PS3 FINAL FANTASY XIII [FF13] プレイレビュー   

2010年 01月 09日

e0080379_2150599.jpg

恐らくFF13の更新はこれで最後です。
次にFF13関連で書くのはヴェルサスの情報が出てからかしら('∀`)

さて、FF13のプレイレビュー。
自分はストーリークリア後、トロフィー(やりこみ)も100%にしましたので、やれることをすべてやった感想となります。
レビューにはネタバレも入ってしまいますので、折りたたみにしておきます。

ここでは簡単に総評を…
作品全体の評価としてはやっぱり並です。RPGとしてすごいと感じる所もあれば、RPGとして欠如してる点も結構見られたので、自分はFF13を楽しめたとはいえ、期待以上の出来ではなかったのは事実です。

ネット上にある酷評ほどの駄作だとは絶対に思いません。よくも悪くも自分は並だと思います。



★グラフィック
PS2からPS3や360などのHD機に移ってから、「映像が綺麗」という作品はかなり見てきました。
今作のFF13に対しても最初は「綺麗な映像に目が慣れてしまった現状、感動は薄いだろう」
と思ってたんですが、これは良い意味で大きく裏切られました(*´Д`)

さすがはFF正統ナンバリング作品。ブランドの意地は伊達じゃないです。
この作品は現時点ではグラフィックが抜け出てる!

フレームレートが30ほどなのでややモッサリ感じるとはいえ、
キャラの動きが本当になめらか。戦闘時でも口が動いたりと
気がつきにくい細かなとこにも気合が入ってます。

マップ面も開始直後からすごいですが、グラン=パルス後はこれの比じゃなく何度も感動することになりますw
グラフィックに関しては100点!といっていいぐらい文句がないです。


★システム
システム面では戦闘システムが私的にはかなり良かった。
FF12のように時間の流れをリアルなままFF10-2のようなコマンドバトルにしてます。

実際はコマンド選ぶこと自体今作はそれほど重要ではなく、オートセレクトが優秀なのでこっちに頼っても良いと思います。
今作の戦闘の要は"オプティマ"です。
戦闘中にジョブと作戦を切り替える…という言い方が一番近いかな?
味方の状態、敵の行動に合わせてオプティマを切り替えることで戦いを有利に進めていきます。

コマンド選びにもたついてもオプティマ選びがあってれば味方AIがなんとかしてくれますが、
オプティマの判断をミスればあっという間に全滅です。

戦闘の難易度自体が今作は高いので、リスタートで簡単に復帰可能とはいえ、
ボス戦等はなかなか緊張感の味わえる戦闘が楽しめました!


戦闘システムは良いと思いましたが、反面悪いシステムもいくつか…
挙げるには細かいのが多いので軽くだけ書き出すと

・中盤までのあまりにも一本道すぎる点(マップ自体が本当に一本道)
・オプティマ変更で動けない無駄な演出が発生。これにより回復等が遅れたりする。
・戦闘時、カメラワークのせいで(一応自分で動かせますが、基本オートで動く。)相手の状態が見づらいしカーソルも誰に合わせてるのかわかりづらい点

などなど、正直細かい点はかなりあります。
いい面もあるのに、こういう悪い面も数多く見当たるのが、評価のあがらない原因となってます。

ロード時間に関しては良くやった!と言えると思います。
戦闘への入り方はあまりにもスムーズで感動するぐらいです。
逆にマップ読み込みには時間がかかりますが、ストーリーを進める分にはほとんど気にならない。
ミッションやりはじめたらちょっとウザく感じますけどw



★シナリオ
今回、シナリオ自体は個人的には○だと思います。
一応使命自体も全うし、故郷も守った!消化不良はなく後味も悪くないハッピーエンドで
気持ち良く終わったと思います。
(ちょっと歯抜けなとこはオートクリップや断章で補完できます。)

ただ、正直盛り上がりには欠けました。
その理由は敵キャラクターの描写の少なさだと思います…

今作はパーティーキャラクター全員にスポットライトをあてて、全員が主人公っぽいFF6的な描写がなされてます。中盤までの一本道もすべてそれの為に割いたおり、パーティーキャラクターに関しては本当に丁寧なぐらい心理描写が伝わってきます。

が、逆に敵側に関してはオートクリップでちょっとしか語られてない。
良くわからないうちに倒してしまう&消えていくように思いました。

そしてラスボスの存在も正直薄い…FF9のようにいきなり出てくるわけではないんですが、
シナリオの流れから「え?こいつ倒しちゃマズいんじゃ…」とも思ってすごい微妙なんですよね…w



★音楽
良い曲が多いです(^q^)
しかしFFらしさが皆無なのは残念で仕方ない…
せめてプレリュード、メインテーマ、勝利テーマ等今までも使われてたFFシリーズのBGMはアレンジして使って欲しかった…
今回FFのBGMはチョコボテーマだけじゃないでしょうかね…



★キャラクター
発売前は美男美女ばかりで面白みがねーな~と思ってましたが、クリア後も
正直この点は変わりませんでした…w

それでもファング、ヴァニラ、ホープ、サッズは終わってみればすごい良いキャラクターに思えた!
反面空気すぎたのがライトニングさんとスノウ。
この二人ははっきり言って設定負け。後半になればなるほどどうでも良い空気感が可哀想でした…w

個別に軽く書き出すと…

・ライトニングさん
完全な設定詐欺。物凄い人物なのかと思いきや…('∀`)・・・
後半になればなるほどストーリー的にも能力的にも空気になっていきます。
FF12ほどじゃないけど(オイオイヲ

・スノウ
愛すべきバカじゃなくて、ほんとに頭が悪すぎて鬱陶しいバカ。
ホープとの会話の流れはイラっとしかしない。
能力的にもファング加入で終了。

・サッズ
息子の為なら火の中水の中!!
本作の超癒しキャラ!中の声優さんの演技がベストマッチでほんとに良キャラでした。
能力的にはHPだけがとりえになってきますが、クリアまでならホープと並ぶ戦闘必須キャラだと思います。
それぐらい今作はエンハンサーの存在が重要。

・ホープ
最初こそナヨナヨしてて鬱陶しく感じると思いますが、中盤からクリアまでは間違いなく主人公('∀`)
立場的にも一番悲惨なのに、よくあそこまで強くなったもんだ(´;ω;`)ブワッ
個人的にかなりお気に入りキャラです。戦闘では使わなかったけど
能力はHPこそ最低ですが、アビリティ関連は超優秀。ホープ入れるのといれてないとでは安定感が全然違うと思います。

・ヴァニラ
喋り方、動き方とかが気持ち悪いですが、物語的には核に当たる存在。
ある意味ではこの物語の元凶です('A`)
能力的には回復能力がピカイチでホープと一緒に入れればガチ安定だと思います。

・ファング
真の主人公
ライトニングさんが設定負けなのに反して、ファングは本当にすごい経歴をお持ちです…w
性格も仲間がなによりも最優先なのが私的にはヒット!こういうキャラ大好きです(゚∀゚)
能力的には文句なく最強w
ストーリークリアまではブラスターがイマイチなのでその点だけが唯一の欠点。



★ボリューム
クリアまでは40~55時間程度(ちなみに自分は45時間ほどでした。) やり込みで+30時間(攻略見なければ+50時間以上はありえる)
メインストーリーのボリュームに関しては特に問題はないですが、やり込みは正直作業の時間が2/3を占めてるので、ミッション制覇程度ならクリア後10時間もあれば済む内容。
正直ボリュームという点ではFF13はやれることがなさすぎると思います。



★総評
一つの作品と見た場合はすごい!と感じる部分が多いのですが、
RPGというジャンルのゲーム性からみるとかなり遊べる要素が少ない。
ゲーム性ははっきりいってかなり欠如してるように見られます。

システムもすごいがんばってる!という点が多く見られるのに、逆に細かな悪い点もやたら多い。
FF13は完全に悪い!ともいえないし良いともいいにくいほんとに評価するなら"並"
毒にも薬にもならないといった評価になっちゃいますね…

大作がこういう評価なのは正直よくないことだと思いますが、
決して駄作ではないことは伝えておきたいと思います。
なんだかんだでFF13はライトな部類のゲームなんで、気楽に遊びやすい作りにはなってたと思います。
この点は評価したいと思います。ただ戦闘が難しいけどw

とりあえずヘカトンケイル戦で投げた人は許します(*´Д`)アレ考えたやつデテコイ!!
[PR]

by diehappy | 2010-01-09 20:16 | PlayStation3

Beautiful Ones - blog -

<< PSP 戦場のヴァルキュリア2... PSP 戦場のヴァルキュリア2... >>